好きな男性がいるのであれば、彼の本命彼女になりたいと誰もが思うことでしょう。

しかし、闇雲にアプローチをするのは、マイナス効果になる場合もあるので注意が必要です。

そこで今回は、「本命女性」になるために必要なことを紹介します。

重くなってはダメ!「本命女性」になるために必要なこと

「貞操観念」をしっかり持っている

「貞操観念をしっかりと持っていて、根が真面目な女性じゃないと、付き合いたいという気持ちにはならない。そこは絶対に譲れないです」(29歳/男性/イベント制作)

男性が本命女性に選ぶ際の第一条件と言えるのが、「貞操観念」をしっかりと持っていること。

軽い感じがする女性を彼女にしようと考える男性はいないですし、「遊び相手でいいや」と思われてしまう可能性もあります。

好きな男性からのお誘いであっても、すぐに深い関係になろうとはしないで、徐々に親密になっていくことで男性の「彼女にしたい」という思いは強くなるでしょう。

「恋愛だけ」になっていない

「恋愛がすべてみたいになっている女性は、もう懲り懲りですね。前の彼女がそういう子で、ものすごく重くて大変な恋愛だったので……。」(31歳/男性/商社)

常に恋愛のことばかりを考えている女性は、男性からするとちょっと面倒な感じがするものです。

「付き合ったら束縛とかも激しそう」なんて印象にもつながるので、彼女候補からは外してしまうかも。

仕事や趣味、勉強など、恋愛以外にも夢中になるものがある女性のほうが魅力的に見えるので、本命相手として意識をしてもらいやすいですよ。

いきなり「詰めすぎない」

「一方的にガンガン来られると、ちょっと引いてしまいます。僕の気持ちを知ろうとしてくれないと、恋愛モードにはなれない」(28歳/男性/IT)

いきなり自分の気持ちだけを突っ走らせて、一気に距離感を詰めてくる女性には、男性は逃げ腰になってしまいます。

一方的な思いばかりをぶつけても、男性のスイッチが入っていなければ、次第に鬱陶しく思われることになるだけ。

お互いに気持ちを高め合っていくことが、そのままお付き合いにつながるごく自然な流れなので、ふたりで愛情を育てていくような形にできるとベストですよ。

「素の自分」を見せる

「なんでも言い合えるような関係性になると、ずっと一緒にいたいという思いも芽生えやすくなります。そういう女性じゃないと、付き合うところまではいかないです」(32歳/男性/通信関連)

男性が本命の相手に選ぶのは、素の自分を見せ合える女性です。

取り繕った姿ばかりを見せていると、本心がわからないので、なかなか信頼が築き上げていけないもの。

まずはあなたから心を開いて素の自分を見せていくと、男性も警戒心を解いて素を見せてくれるようになるので、そこからは一気に関係性も深まっていくでしょう。

おわりに

「本命女性」になるために必要なことはいくつかありますが、大事なのはじっくりと関係性を深めていくこと。

いきなり飛ばしすぎると、うまくいくものもいかなくなる恐れがあるので、気をつけてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)