彼の態度が冷たくなった、いい感じだったのに距離を置かれてしまった……そんな経験はありませんか?

理由はさまざまですが、もしかしたら「面倒」と思われてしまったことが原因かもしれません。

また、なかなか自分が「面倒くさい女」だとは気付けないものです。

無意識のうちにやりがちな面倒くさLINE。

あなたもつい、知らないうちに送っていませんか?

あなたは大丈夫?100年の恋も冷める…女子の面倒くさLINE4つ

「私のことどう思う?」

どんなに親しい関係でも、自分のことをどう思っているのか聞くのは避けるべき。

男性は自分の気持ちを言葉にするのが苦手なので、この手の質問は困ってしまうものです。

また、気持ちを確認しようとする姿勢に、面倒くささ、執着心を感じて、気持ちが冷めてしまうことも……。

どうしても聞きたいときは、面と向かって冗談っぽく聞いてみるのがベターです。

「返信遅くない?」

行動を探るような言動も、男性が面倒くささ、鬱陶しさを感じやすい言動にあたります。

返信が遅いとLINEで問い詰めてしまうと、行動詮索だけではなく、返信の催促にもなって、重たさを感じさせやすいです。

返信が遅くても、問い詰めるような言い方は避けたほうがベター。

どうしても言いたいときには、「なかなか返信ないから心配したよ~!」「忙しかった?」と言い方を変更!

言い方が違えば、彼も比較的受け止めやすく、答えやすくなるはずです。

「なんで?」

男性は問い詰められることが苦手な人が多く、理由を求めるような質問が続くと、問い詰められていると感じ、逃げ出したくなる傾向にあります。

逆に女性は、感情的になると「なんで〇〇したの?」「なんでなにも言わないの?」など、「なんで?」で問い詰めてしまいがち。

理由を聞きたいときには、感情的な言い方を避けて、優しく和やかなニュアンスを意識することが大切です。

LINEは口調やニュアンスが伝わりにくいので、直接「なんで?」と、彼に質問をぶつけるのは控えたほうが賢そうです。

超長文LINE

長文LINEは、第一印象から読みにくい与え、面倒くささを感じさせてやすいです。

また、長文だと、一方的に言いたいことを伝えているような内容になりがち。

「読むのも返信も面倒くさい」と思わせてしまうと、それだけで、面倒くさい女だと判断されかねません。

簡潔な内容と、短文を心がけて!どんなシーンも、長文LINEは基本的にNGです。

タブーを知って面倒女子を卒業!

男女問わず、居心地の良さを感じる相手と一緒にいたいと思うもの。

「面倒」と思われてしまうと、恋愛がうまくいかなくなってしまいます。

実は筆者自身、面倒くさいLINEをしていた張本人でして……苦笑。

反省し改めてからは、比較的、男性との関係がうまく築けるようになったと思います。

聞きたい・言いたい気持ちはよ~くわかります。

でも、モテLINEの基本に沿わない内容なら避けるが吉。

面倒女子になっていないか、定期的にチェックしてみてください。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)