元気がない、口数が少ない、といったお疲れモードの彼を前にしたとき、接し方に悩むことはありませんか?

気を遣ったつもりなのに、彼の反応が薄いことも少なくないはずです。

そこで今回は、疲れても会いたくなるような男性が求める魔法の言葉について紹介します。

疲れてても会いたい~!男性が求める魔法の言葉4つ

「さすが!」

褒め言葉は誰だって嬉しいもの。

そのうえで、男性にかけるべき魔法の言葉が「さすが」という言葉です。

この言葉には「もともとあなたの能力が人柄、魅力を評価している」というニュアンスが含まれます。

褒められる嬉しさだけではなく、根底的に認められていると感じさせることで彼も自信を得られるはず。

自信を与えてくれる存在と思わせることで、疲れていても会いたいと思う気持ちも育つはずです。

「大変だったね!」

男女問わず、自分の苦労や大変さを理解してほしいという気持ちがあるものです。

仕事や学業など彼が頑張っている様子であれば、大変さや努力を認めて、理解しているよとわかる言葉をかけてあげましょう。

毎日の苦労を理解してくれる言葉があれば、彼もきっと癒しを感じるはず。

内心「頑張って当たり前」だとか、「たいしたことないんじゃない?」と思ったとしても、口には出さず、優しい言葉をかけてあげるのが正解です。

「特別だからね!」

彼を癒す魔法の言葉は?

特別扱いも、されて嬉しいことのひとつ。

自分は特別なんだと思わせてくれる人に会いたくなるのも、人間の心理です。

「〇〇くんだけだからね!」といった言葉もおすすめ。

日頃から特別な存在だと伝えていくことができれば、きっと、疲れていても会いたい存在へとつながっていくはずです。

「ごはん食べた?」

仕事でヘトヘト。、上司に叱られた、などお疲れモードのときは、あまり話したくない、根掘り葉掘り聞かれたくないという男性が多いです。

疲れを察したら、あえてなにも聞かず「ごはん食べた?」「今日なに食べる?」など、話題転換できる女性も、男性にとって癒しの存在。

とくに食事に関する言葉は、わざとらしくなりにくいですし、おいしい食事を楽しむ時間に誘導することで、気分転換にもなります。

あなたと一緒にいることで、疲れやストレスといったいやな気持ちが薄れていったと思ってもらうことができれば、疲れているときこそ会いたい女性になれるでしょう。

癒し力で、会いたくなる女性へ!

男性が求めている言葉に共通点しているのは「癒し」です。

心がほっと安らいだり、自信が持てたりすると、疲れているときでも落ち込んでいるときでも会いたくなるもの。

お疲れモードの彼への接し方に悩む人は、ぜひ、癒し力の高い魔法の言葉を活用してみてください!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)