人は良くも悪くも、仮面を被っている生き物。

きっとあなたにも、人に見せていない一面があるはず。

同じように男性にも、表と裏の顔があります。

そこで今回は、男性の血液型別に実は真っ黒な「恋愛の裏性格」に焦点を当ててみました。

付き合った後に失敗したと思わなくて済むよう、気になる彼が現れたら、彼の「表の姿」だけではなく「裏の姿」もチェックしておきましょう。

男性の血液型別で解説!彼女は苦労する?男性の「恋愛の裏性格」

A型男性の裏性格は?

……ケチでモラハラ気質な一面が

人当たりがよくてマジメなA型男性。

しかし、優しいのはつきあうまで。

交際が始まると釣った魚にはエサはやらないとばかり、持ち前のケチケチ精神が全開に。

デートやホテル代は割り勘、誕生日でもプレゼントやディナーはなしなど、悲しい扱いを受けるはめになる場合も。

また、A型男性は何でもキッチリ管理しないと気が済まないタチ。

それゆえ自分の彼女の言動にも神経を尖らせています。

行動や発言にいちいちチェックを入れたり、「それは違う」「こうすべき」と指図したり、本人に自覚がなくとも女性からすると「モラハラ気質」になりやすい傾向があります。

彼が強気な態度をとるようになるのは、彼女を「自分の物」と勘違いしてしまうことからです。

つきあったとしても、「所有物ではない」と普段から言動で暗に伝え続ければ、優しい恋人でいてくれるはず。

B型男性の裏性格は?

……やりたい放題で自己中心的な一面が

明るくテンション高めのB型男性。

ノリはいいけれど、とにかくマイペースで自己中心的な面があります。

自分が会いたいときは勝手に押しかけてくるくせに、気に入らないとプイっといなくなったり、既読スルーで何日も放置されたりもしょっちゅうかも。

また、遊牧民をルーツに持つB型男性は、周りから見れば自由で節操がないという場合も。

彼女がいようがいまいが、いいなと思った女性には猛烈にアタック! 

「据え膳食わぬは男の恥」とばかりに、男女関係になれるチャンスを常に狙っているなんてことも。

B型男性の彼女になる女性には、「何があっても動じない」強じんなメンタルが必要そうです。

O型の男性の裏性格は?

……ズボラで甘えん坊な一面が

行動的で男らしいO型男性。

なんでもパッパと決めてリードしてくれる頼もしい人と思われているけれど、それはズボラさの裏返しでもあります。

細かいことを決めたり、考えたりするのが面倒だから、直感のまま適当に動いている節があります。

デートをしても毎回ノープラン、話題もワンパターン……と、いざつきあうとガッカリさせられそう。

強気なオラオラキャラに似合わずロマンチストな彼は、無類の寂しがり屋で甘えん坊でもあります。

忙しくて放置しようものなら、すねて大暴れする危険も。

要は子どもなのです。

だからこそ彼と接するときは、小さな子どもをあやす母親のようなおおらかな気持ちでいるとうまくいくでしょう。

AB型男性の裏性格は?

……嫉妬も束縛もスゴイ、面倒な一面が

AB型男性は、頭の回転が速く、何ごともスマートにこなすハイスペック男子。

周りから見れば、クールで「恋愛ごときに心をかき乱されない」と思われがちです。

しかし、実際は好きな彼女の言動に一喜一憂して、右往左往。

そのため、束縛もするし、嫉妬もスゴそう。

しかし、そんな束縛や嫉妬をお相手の女性に気付かれないのは、お得意の「駆け引き」&「話術」で上手に隠しているから。

交際が深まるにつれ、化けの皮が剥がれ落ちる可能性は高いはず。

また、彼は正真正銘のメンクイでしょう。

口では「ハートが大事」と言っていても、好きになったり、つきあったりするのは決まって、綺麗でかわいい女性ばかり。

AB型男性とうまくやるには、相応の覚悟と努力が必要かもしれません。

ビックリするかもしれないけれど……

大好きな彼のブラックな一面を見たら、ショックを受けたり、戸惑う人もいるでしょう。

とはいえ、人間には誰しも表と裏の顔があります。

彼を好きなら、「悪いところも受け入れてあげること」が大切。

もちろん、嫌なことをすべて我慢する必要はありません。

彼に直してもらうよう伝え、一緒に努力していくことで、愛はより深まっていきますよ。

(涼月くじら/占い師)
(愛カツ編集部)