彼氏やイイ感じの男性がいると、相手の気持ち、とくにどれだけ好かれているのか、気になりますよね。

普段から「好き」と言ってくれるならわかりやすいですが、言われないとなると、彼が何を考えているのかわからくなりますよね。

そこで今回は、あなたのことが大好きであるに違いないサインについてご紹介します。

ほぼ間違いなし!男性が「大好きな女性」だけに出すサイン

困ったときにはサポートする

「彼女が何かにチャレンジしようとしていたり、困っていたりしたらサポートするね。
たとえば一人で組み立てるのが難しい家具とかは手伝いたいし、引っ越しを考えているときは一緒に物件を探したり、内見をしたりする」(30代・IT)

大好きな人が困っているときに放っておくなんて無理!

好きって気持ちが強くなると、慈悲の心も強くなり、見返りを求めない優しさを発揮できたりするんです。

体調を崩したらできる限りのことをする

「風邪を引いて寝込んでいると聞いたら、心配だから体調を聞いて、ドラッグストアで風邪薬や栄養ドリンクなどを買ってお見舞いに行く」(20代・広告)

関係性や、物理的距離にもよりますが、本当に好きなら「大丈夫?」「お大事に」だけの言葉だけではなく、実際に動いて、できる範囲でサポートしようとする男性も多いです。

そう、愛情が増すほど男性って甲斐甲斐しくなるんです。

風邪を引いたとき、彼氏や意中の彼はどこまでしてくれますか?

誤解を生んだら、それが解けるまで説明

「むかし、姉に送るLINEを間違ってイイ感じの女性に送ってしまい、ほかに女がいると誤解されてしまった。
すぐに電話をして、理由を説明し『本当に今は君しかいないんだ』的なことを熱弁してわかってもらえた。
本気なら、こんなことで相手を失いたくないもん。必死にもなりますよ」(30代・不動産)

好きな人や彼女に誤解をされたら、多くの男性は「もしかして嫌われた?」「俺の元から去っちゃう?」と軽くパニック。

本気度が高いほど、もちろんのこと失いたくはないので、誤解が解けるまでしっかりと説明してくれるはずです。

家まで送る

「誠意じゃないけど、明日朝早くても、デート後はだいたい車で彼女を家まで送るね。とくに夜はひとりで帰ってほしくないから」(30代・IT)

大事だからこそ、多少自分の睡眠時間が減っても、ひとりで帰すのではなく、ちゃんとお家まで車で送ったり、家の近くまで見送るんです。

大事な人の前では誠実紳士でいる男性は多いですからね。

頻繁に電話をする

「好きな気持ちに比例して電話の回数も増える。大好きだと、たわいのない話ですら楽しいし幸せ」(30代・商社)

「愛情は連絡頻度でははかれない」とも言われますが、愛情に比例して連絡頻度が増えたりします!とくに恋愛初期は。

彼氏や意中の彼から頻繁にLINEや電話が来るのなら、「大好き」のサインです。

行動で愛情表現する男性は多い!

言葉で「好き」って言われなかったら、ちょっと不安になりますよね。

でも言葉じゃなく、行動で愛情表現をする男性は多いです。

もし意中の彼や彼氏がご紹介したような行動を取ってくれるのなら、安心してもいいんじゃないでしょうか?

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)