仕事が忙しくてなかなか会えない彼氏に「さみしい」「会いたい」とLINEしても返事が返ってこないときってありますよね。

幸運にも返事が返ってきても、その返事が「君はなぜそんなにさみしい、さみしいと言うの?」という場合も。

……わたしは「仕事が忙しくて会えなくてごめんね、おれも会いたいと思ってるんだ」という優しい言葉をかけてほしいだけなのに!

彼は本音ではわたしのことをどう思ってるのだろう……?

今回は、彼の本音を以下にご説明しましょう。

あなたが彼に「会えなくてさみしいとき」…彼の方は何を考えてる?

「彼女のことが好き。彼女のことを愛している」

彼の本音は「彼女のことが好き。彼女のことを愛している」です。

なにも、読者に媚びを売るためにそう書くわけではありません。

彼は本当に、あなたのことが好きなのです。

と、ここまで読むと「ならどうして、彼は『仕事が忙しくて会えなくてごめんね、おれも会いたいと思ってるんだ』というひと言が言えないの?アホなの?」と思う女子もいると思います。

はい、彼はアホなんです、とは言いません。

でも、そういうことを思っていてもそれを口にするという発想がない、という点において、アホなのかもしれません。

彼のみならず、男一般がアホなのかもしれません。

「さみしい、さみしいという女子は重たい」

それともうひとつ、彼が本音で思っていることがあります。

それは、「さみしい、さみしいという女子は重たい」ということです。

彼にとってさみしさとは「自分でどうにかするもの」です。

つまり、「さみしさは自分ひとりの力で解消できて当たり前」と彼は思っています。

むろん、あなたのように、誰かにさみしさを消してもらいたいと思っている男だって、世の中にはいっぱいいますよ。

でもきっと、そういう男は、あなたの恋愛対象外でしょう。

そういう男は、さみしいからという理由で女子のいる飲み屋さんに行ったりしますからね。

たとえば、相席居酒屋にもさみしそうな男がいますが、きっとあなたは避けるでしょう?

ゆえに、あなたの彼氏は、さみしさを自分で処理する能力のある人なのです。

自分で処理できる人は、彼女が言う「会えなくてさみしい」という言葉に超冷たいです。

なぜなら、自分にはふつうに自分で処理できることだから、できない人の気持ちがわからないからです。

ぎゅっと抱きしめられますか?

「ぎゅっと抱きしめられますか?」

「彼氏に会えなくてさみしい」という感情を自分で処理できない女子も、やがて自分で処理できるようになります。

仕事が楽しくてしかたないとか、友だちと遊ぶのが楽しくてしかたないとか、なんらか世界と広く関わるようになれば、さみしいという感情はおのずと消えていきます。

あなたのさみしさが消えたとき、彼が、仕事がうまくいかず、友だちにも見放され、彼女であるあなたに「会えなくてさみしい」と言ってきたら……あなたは彼のことをぎゅっと抱きしめられますか?

「女子にさみしい、さみしいと言ってくる男なんてダサくてだらしない」と思って、バリバリ仕事をしている男に鞍替えしますか?

鞍替えする女子がわりと多いとぼくは感じています。

女子は頑張っている男をその嗅覚で探し出し、その男に好かれたいと思うわりに、さみしいさみしいと言う男には超冷たい。

ぼくは男としてそう感じています。

あなた自身の「さみしさ」と、彼がやがて持つかもしれない「さみしさ」の両方にうまく寄り添うことのできる素敵なオトナになってください。

(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

(愛カツ編集部)