彼氏やいい感じだった男性から、急に別れを告げられた経験がある女性は、意外と多いです。

しかし、それらは本当に「急に」起こった出来事だったのでしょうか…?実は彼らは、別れを告げる以前に言葉や態度で、気持ちが冷めてきたことを表していた可能性があります。

もしもその時点で異変に気づけていれば、別れを阻止することができていたかも……。

今回は、彼の気持ちが冷めてきたことを表す「アラート行動」をご紹介。 気づいた場合の対処法も併せて解説していきます。

早く気づいて!本命が冷めてきた「アラート行動」

返信の頻度が下がった

付き合う前や付き合い始めに比べ、だんだんと返信の頻度が下がるのは普通のこと。

ただ、返信の頻度が一定に落ち着いたところから、さらに下がってしまっているのなら、危険信号かも。

文字のコミュニケーションだけだと、面倒になったり飽きたりしやすいもの。近いうちにデートの予定を入れてみるのがおすすめです。

倦怠期のように一時的に冷めてしまっただけなら、顔を合わせることで「やっぱり好きだな」と気づくきっかけなるでしょう。

デートに誘ってくれない

彼からデートに誘ってくれないのも、あなたへの気持ちが冷めてきた兆候。

時間を作ってあなたに会いたいという気持ちが、薄れてしまっているでしょう。

原因はコミュニケーション不足である可能性が高いため、夜や休日など時間に余裕のあるときに「電話しない?」と持ちかけてみるのがおすすめ。

声を聞いて、「落ち着く」「楽しい」「愛しい」と思ってもらえれば、デートが億劫な気持ちも吹き飛ぶかもしれません。

自分の話をしてくれない

自分の話をしてくれない

好きな人には「今日こんなことがあって、こんなことを思ったよ」「今度こんなことがあるんだ」と、ついつい話したくなってしまうもの。

彼が進んで自分の話をしてくれなくなったら要注意です。もしかしたら原因は、これまであなたが、彼の話をきちんと聞いてこなかったことにあるかもしれません。

自分の愚痴ばかり聞いてもらっていないか省みて、彼に「今日はどんなことがあった?」「職場の〇〇さんは最近どう?」と、話を振ってみてください。

あなたとの会話を楽しいと感じられれば、冷めた気持ちも和らいでいくでしょう。

彼の気持ちの変化を察して、素早く行動しよう!

彼の言動から、「気持ちが冷めてきているかも…?」と、少しでも違和感を感じたら、なるべく早く対処するのがおすすめ。

「まだ大丈夫」「気のせいに違いない」と都合よく解釈し油断していると、思わぬタイミングで別れがやってきてしまうことも……。

今回ご紹介したポイントを参考に、常に危険を察知するアンテナを張っておきましょう!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)