季節が秋から冬へ移り変わるとともに、運気も穏やかにゆるくなっていきます。

しばらく悩ましい状態にあった人はやっと気がラクになるでしょう。

クリスマスまで1カ月を切る時期でもあり、気合が入る人も多くなるはずです。

そんな11月後半の恋愛運をまずは11位から見ていきます。

11月後半(11/15~11/30)の恋愛運ランキング・1位のかに座は波に乗って

11位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)

15日あたりは大事な気づきを得て、新たな自分の魅力を知るタイミングです。

一人で考えるだけではピンと来ないかもしれませんが、友人の何気ないほめ言葉にハッとさせられるはず。

ただ、11月後半は意識がなかなか恋愛に向かないようです。

仕事が忙しくなる人もいれば、勉強や視野を広げることが面白くなる人もいるでしょう。

おひとり様のクリスマスを避けたいなら、仕事や好奇心をそそられることだけでなく恋愛も頑張ってみて。

10位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

15日前後は仕事がバタバタしやすく、恋が後回しになりがちに。

上旬からちょっとテンションが上がる話を聞いていた場合、すすんで仕事を優先させるかもしれません。

それでも、22日をすぎると、自分で決めて動かなければならない恋の場面が出てくるはず。

相手任せ・なりゆき任せにしないほうがうまくいきそうです。

11月後半は、いろんな意味でベストなバランスを見極めていくことがカギに。

ちょうど良いポイントを押さえていけば30日は大事なマイルストーンを置けるでしょう。

9位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

22日までは、紆余曲折あっても好きな人との関係が盛り上がりやすく、出会いにも恵まれるでしょう。

大事なのは「相手がどうしたいのか?」ではなく、「自分がどうしたいのか?」。

あるいは、周囲や世間が何と言おうと自分はどんな恋を求めるのかをブレずに守ってみて。

下旬に入れば主体的にコミュニケーションが取れるようになり、情熱的になってクールではいられない場面もあるはず。

ここしばらく苦労した人ほど、内側からにじみ出るような魅力が男性の目を惹きつけるでしょう。

8位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

22日から恋の季節がスタート。

しばらく浮いた話がなかった人も、恋より仕事が大事だった人も、少しずつテンションが上がってくるはず。

もし自信を失いかけていたなら、一周回って「私はやっぱりすごい」と思えるようになるでしょう。

月末は他人と自分を比べたとしても良い意味で開き直れるし、今までとは違う角度で自分の魅力を再確認できます。

「私はこうでなくちゃいけない」「もっと完璧にならなきゃ」という思い込みから解放されそうです。

7位:みずがめ座(1月21日~2月18日生まれ)

15日前後は仕事が気になって仕方ないかもしれませんが、月末になるにつれて恋愛運がアップ。

新しい出会いがあったり、気になるお相手との関係が次のステージへ進んだりとテンションが上がりそうです。

恋に仕事に慌ただしくなりますが、「忙しいから」と手を抜くと後悔するかもしれません。

また、22日をすぎると身近な人間関係が活気づいてきます。

フリーの人は、すでに顔見知りの男性が恋人候補になる可能性が。

もともと友だちに片思いをするなら、仲良くなるきっかけがつかめるでしょう。

6位:いて座(11月23日~12月21日生まれ)

しばらく何をしても進展ナシ…だった人は、11月後半から復調の兆し。

「どうせまたダメでしょ」なんて言わず、むしろ貪欲になりましょう。

22日からはさらに追い風が吹くので、好きな人がいるなら自分からアプローチをしてみて。

フリーの人は、何となくでも気になった人に連絡を取ってみると良さそうです。

ただし、既婚者と彼女持ち男性のお誘いには要注意。

不倫や秘密の関係にハマっても後悔するだけです。

5位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

親密な関係を築きやすい時期です。

好きな人がいるなら誘われるのを待つのではなく、自分から声をかけて会う約束を取り付けましょう。

フリーの人は、友だちの紹介や合コンよりもマッチングアプリで探すのが良さそうです。

月末にかけては、甘さを意識しながらアプローチすることが大事。

可愛らしさとラブラブムードでもっと仲良くなれるはずです。

4位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

自分の魅力を素直にアピールしてうまくいく時期です。

このところ長所が裏目に出てしまっていた人は、11月後半から堂々と勝負できるでしょう。

無理にモテキャラを演じる必要はないので、ありのままの自分を大切にしてみて。

迷いや不安があっても、月末になるにつれて自信がついてくるはずです。

仕事が大事な局面を迎えている人は、恋愛とのバランスをうまく取ることがカギになります。

持ち前のバイタリティで乗り切ってみましょう。

3位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

15日は想いを言葉にすることで関係が動き出す日。

「恥ずかしい」「今はまだ何も言えない」と思うかもしれませんが、言葉にしないと伝わらないことはたくさんあるはず。

思い切って話せば予想外の展開もありそうです。

勇気を出して伝えてみてください。

下旬に入ると、いつもよりフランクにおしゃべりが楽しめるようになります。

好きな人とはマメに話すことで距離が縮むでしょうし、フリーの人は気軽なメッセージのやり取りで仲良くなるきっかけがつかめるでしょう。

早く親密になることより、一つ一つの会話を楽しむことを重視して。

2位:さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

15日は一皮むける良いタイミング。

イメチェンや恋の方向転換をする場合、親しい友人やSNSに宣言するといいかもしれません。

どう頑張っても進展しない恋はキッパリ諦めたほうがクリスマスを幸せに過ごせるはず。

周囲に「やめる」と言うことで想いを断ち切りやすくなるでしょう。

22日からは魅力アップの兆し。

冬本番となり、お気に入りのニットやブーツコーデが男性の注目を集めそうです。

また、ヘアケアやネイルケアを丁寧にすると、ちょっとした仕草でドキッとさせることができるかも。

…では最後に1位と12位を見ていきます。

1位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)

15日前後で恋に新しい風が吹き込んでくるでしょう。

今までがどうであれ、思い切って一歩踏み出せばもっと仲良くなれるはず。

慎重になりすぎず、積極的に変化を受け入れると良さそうです。

22日からは恋愛運がいっそうアップ。

思わずテンションが上がるような場面があるので、フットワークは軽いほうがいいでしょう。

熟考して決めることも大事ですが、波に乗れるときは「えいや!」と勢いで突き進むことも大事です。

12位:やぎ座(12月22日~1月20日生まれ)

チャンスがないわけではないのですが…親しい友人と過ごす時間が楽しくて恋愛が後回しになってしまいそう。

連休に女友達との旅行や飲み会を計画しているなら、好きな人がいてもマメに連絡を取る気が失せるかもしれません。

不倫や秘密の恋をしている人は下旬から月末にかけてバレる可能性があります。

既婚者や彼女持ち男性からのお誘いにも要注意。

どんなにドキドキしても応じないほうがいいでしょう。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)