LINEの返信が遅かったり、既読スルーされるとめちゃくちゃ悲しい!

そして「この人脈ナシ」と、その男性のことをあきらめてしまう女子もいるでしょう。

しかし、脈あり度とLINEの返信の遅さに関係がない男性って、意外に多いんです。彼らの言い分を聞いてみました。

LINEの返信が遅いのはどうして?男性が考えていることを聞いてみた

考えすぎて面倒に

「LINEを雑談ツールとして使っている人もいるけど、自分はそれは苦手です。
適当なことを書いたら、それが残るでしょ。男友達ならそれでも良いけど、女子にはちょっと……。

ちゃんと考えて返そう、確認して返そうと思うんですけど、時間が経ちすぎると待たせたからにはちゃんとしないと!と思って気が重くなる。
何を書けば良いか分からなくなってそのまま既読スルーしてしまうこともあります」(29歳・男性)

完璧主義すぎて、「完璧にできないならやりたくない」と思ってしまい、物事に取りかかれない人って一定数いるんです。

その完璧主義を、ラインで発揮してしまう男性は、忘れたころに返信したり、既読スルーの常習犯になってしまいがち。

そんな彼とLINEを楽しみたいなら「とにかく長文を避ける」のがポイント。

「自分も同じくらいの長文を返さないと」「何から返せば良いか分からない」と悩ませないようにするんです。

それだけでも、返信が早く&確実にくるようになるはずですよ。

いまさら…と思ってしまう

「女子が日記みたいなLINEをくれるのは、わりと嬉しいんですよ。
でも、そういうLINEに即レスすると、またくることが多いでしょ。

だから『仕事終わったら返そう』と思うんだけど、その時間になると『どうでもいい話題っぽいし、いまさら返してもなあ』と気が引けちゃうんですよ……」(26歳・男性)

だったらすぐに返せば良いじゃん!と思うのですが、このタイプの男性は「LINEに即レスすると暇だと思われる」という謎の思い込みを持っている場合も。

一方でテンポよく返さない自分に、謎の引け目を持っていたり、ちょっと扱いにくい相手かも。

この彼のいう「テンポ」とは、即レスの女子と同じペースで返すことだったりします。

女子が即レスをやめて、彼と返信のペースを合わせるだけで、この彼が勝手に感じている「いまさら感」が薄れ、返事が来ることも多いです。

LINEの返事が遅くて怒られたトラウマがある

「前の彼女が、LINEの返信が遅いことをすごく責めてくるタイプの子だったので、すぐ返せないタイミングでのLINEはすごく気が重くなります。
みんながみんな、そういう子ではないと思うんだけど、催促や『返事もできないの?』と泣かれたことを覆いだすと、憂鬱なんですよね……」(28歳・男性)

LINEの返信が遅いことを女子に怒られた経験のある男性は少なくありません。中にはちょっとしたトラウマを感じている人も。

自分はそうじゃないのに、勝手に憂鬱になられても……。と思いますが、こういう男性には長い目で向き合うことが大事。

返事を催促したり、チラ見スタンプを送らないのはもちろん、多少返信がなくても「どうしたの?」などと言わず、普通に返すのがおすすめです。

また、彼の仕事の終わる時間を狙うなど、「スマホを触りやすく、返しやすい時間」を狙って送るのも一つの手ですよ。

不器用な男性は多い

女子にとっては「LINEの返事くらいできるでしょ?」という感じでも、それができない不器用な男性も多いのです。

相手が女子だから、と意識するあまりに、こんな不器用対応になっていることもあります。

微妙な反応でも、「女子として意識してくれているんだな」と、おおらかな対応をしてみると、気が楽になるでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)