男性と「距離がなかなか縮まらない」と感じる瞬間、ありますよね。

なんだかよそよそしい気がする。

この間よりちょっとだけ、冷たい気がする……。

あれ、もしかして、怒ってる?……嫌われた?そんな言いようのない、モヤっとした空気。

「距離が縮まらない」と感じるのは、どうしてなのでしょうか?

原因とともに、対処法もあわせてお伝えします。

「好きな男性と距離が縮まらないとき」の原因と対処法

心の距離感の感じ方は男女で違う!

好きだからこそ、どこか他人行儀で、ガードが固く、次のデートの約束にも気を遣ってしまう……。

お互いにそんな二人だと、いつまでも距離は縮まりません。

相手に対して「この人、自分に心を開いてくれているな」と感じると、自分も心を開きやすくなるもの。

しかし、その感じ方は男女によって違うようです。

そこで、次の項では、男女別に「どうすれば相手が心を開いていると感じるか」について男女別に書いていきます。

女性の思う「距離が縮まった瞬間」

女性が思う距離が近くなったなと思うポイントとしては、

・彼が仕事や家族の事を自分から話してくれる。

・自分の予定もちゃんと覚えててくれている。

・いつも自分のことを気にかけてくれている。

・素で接しても普通に返してくれる。

といった感じでしょうか。

こういった女性が、「距離が縮まった」と感じるポイントを押さえている彼なら、すでにモテてるでしょう。

しかし、こういったポイントを押さえている男性は少ないのが現実です。

そこで、まずはあなたの方から、彼に対して上記のポイントを押さえた振る舞いをしてみてください。

たとえば、まずはあなたが家族のはなしをして「ねえ、◯◯君の家ってどんな感じ?」と、会話の糸口を作ってみたり、自ら予定を伝えてみて、彼の予定も聞いてみたり。

日々の小さなコミュニケーションの積み重ねで、お互いの心の距離を縮めていきましょう。

男性の思う「距離が縮まった瞬間」

男性の思う「距離が縮まった瞬間」

続いては、男性が思う距離が近くなったと感じるポイントをご紹介します。

・話をいつもちゃんと聞いてくれる。

・会いたいときに会ってくれる。

・自分のノリに合わせてくれる。

・スキンシップが積極的。

と、誰にでも見せる態度ではなく、「自分にだけに向けた態度」で見ていることが多いです。

会いたいときに会ってくれるというのと、スキンシップに積極的になってきたら、これは自分にだけ見せてくれる彼女の行動として捉えて、心の距離が近くなった気がするようです。

また、こういったポイントを押さえた行動は「あなたにしかしていないんだよ」と特別感を出してやってみてくださいね。

軽い女性ではなく「自分にだけ」してくれる……そう相手の男性が感じれば、彼も心を開いてくれるはずですよ。

「特別感」は「言葉」で演出して!

「〇〇くんにだから言うけど。」

「〇〇くんにしか見せれない!」

こういった特別感は、男性の心に響きます。

心に響けば、きっとあなたのことを大切にしてくれるはず。

「言わなくても分かってほしい」が女心かもしれませんが、男性は黙っていたら分かりませんからね。

「分かってるよね?」と思うようなことでも、どんどん言葉に出していく方が心の距離は縮まっていくはずですよ。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)