気になる人と念願の両思いになれた!でも彼と私の「好き」が釣り合っていないような気がする……と悩んでいませんか?

ふたりの関係にもいくつかのステップがあるもの。「他の異性より気になる」というレベルの好きから「この子でないと無理」といった、様々な好きがあるに違いありません。

今回は、今の段階よりもっと彼氏に愛してもらうべく、男性に愛されるコツを紹介しましょう。

本命になってやる!男性に「もっと愛される」コツ4選

思いやりを磨く

「彼は考えていることをよく言葉にしてくれる人ですが、それが全てではないんだと最近気づきました。辛そうな表情をしていたら、デートを早めに切り上げるのも、

彼女ができる思いやりの一つなのかなと思います。一緒にいることで、気を遣わせるのは嫌なので」(Mさん・21歳女性/大学生)

人には本音と建前ってありますよね。

彼が言ってくれた言葉には、違う心が伴っているかもしれません。彼がどう思っているかどうかを行動や表情から読み取れるといいですね。

とくに男性は言葉にするのが苦手なもの。相手を心の底から思いやることは、日頃から意識していないとできませんよ。

無理して彼に合わせない

「彼に気に入られたいがために自分の思いを押し殺すのは、よくないと思います。彼も自分がいいなりが欲しくて付き合っているわけではないと思うので、

もっと自分の意見を伝えようと思ったのです。そうすると思いのほか話が弾み、前よりデートが盛り上がるようになりました」(Kさん・31歳女性/IT関連)

無理して彼に合わせていると、必ず無理がくるでしょう。そうすると、その対応の差に「気分屋なのかな?」と思われてしまうこともあるはず。

彼に尽くしすぎないのも、長くふたりの仲を深める意味で大切なこと。彼の話に合わせすぎたり、自分の言い分を押し殺しすぎてしまうのは、危険な兆候です。

自分の生活を充実させる

「ひとりの人と付き合っていくといろんなことが起きるじゃないですか。そのときに必ずしも彼が助けになってくれるとは限らないのです。
いろんな人との関わりがあった方が、自分も満たされるし、向上心を持っていられる。

自分の生活が充実していてこその恋愛だなと思います。恋愛が自分の娯楽になっていてはいけないと思う」(Aさん・31歳女性/アパレル)

自分の生活に余裕がないと、彼のことを偏った目でみてしまいがちです。

また彼にばかり愛を求めているようでは、次第に「重い」と思われてしまっても無理はないでしょう。

友人との時間を大切にしたり、ひとりでリラックスする時間を大切にすることも、彼をありのまま受け入れるために必要なことでしょう。

一緒にいて楽しいことを伝える

「一緒にいて楽しいことを伝えるようにしたら、彼も恥ずかしがらず『愛してる』と伝えてくれるようになりました。本音で話すと相手の本音も聞けるし、

意地を張ったり、恥ずかしがらずに自分の思いは伝えてみることですね。ポジティブな言葉を掛け合っていれば、自然とふたりの仲も深まる気がします」(Mさん・23歳女性/SE)

彼に心を開いてもらうには、一緒にいて楽しいことを伝えることが重要です。

自分が思っていることが必ずしも相手に伝わっているとは限りませんから、できるだけ分かりやすく相手に好意を示すべきでしょう。

感謝や好意の気持ちは、何回言葉にしても相手の心をほぐすものです。

彼を思う真心こそ心を動かす

どうしたら相手により心を開いてもらえるのだろうと悩む人も多いでしょう。本音で話せなければ、ふたりの仲を深めることは難しいからです。

シンプルに「彼にもっと好かれたい」という自分を認めたうえで、どうしたら彼が喜んでくれるのかを考えられるといいですね。

自分に優しくしてくれる人のことを嫌いな人はいません。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)