好きな彼とLINEの交換をして、実際にやり取りが始まると、気になるのが彼の気持ち。

「脈あり」か「脈なし」かは、LINEだけでもある程度わかるものなんです!

そこで今回は、男性がときめいている女性に送るLINEを紹介します。

両思いかも!男性が「本気で好きな相手」だけに送るLINE

自分から話題振るし、質問も多くなる

「やり取りを続けたいから自分から話題を振るし、相手への個人的な質問も多くなる」(20代・IT)

あまり自分からLINEをするようなタイプではなく男性でも、好きならLINEを送るんです!

もし意中の彼からLINEが来る、かつ「週末は何しているの?」「いま、好きな人いる?」等の個人的な質問があるのなら、脈あり濃厚でしょう。

返信は比較的早めで、文章は丁寧!

「忙しくても早めに返信します。好きな子とLINEをするとき、文章を打って、読み直して……と推敲をしっかりするので、誤字脱字がほぼなくなる」(30代・広告)

好きな相手に好印象を与えたいため、文章もより丁寧になる傾向にあります。

なんでもないやりとりでも、無意識のうちに緊張感をもってLINEをしているようです。

写真を送るひと手間も惜しまない

「『いま、同僚と飲んでる』『出張で京都来てるよ』とか写真付きで送る。好意があるとやっぱり相手に自分のプライベートを見せたいというか、シェアしたくて写真も送る」(30代・営業)

意中の彼とLINEのやり取りで、よく写真が届くならば、好意を意識してもいいサインです。

あなたと感情をシェアしたい、自分のことを知って欲しいという気持ちの表れです。

体調崩したら治るまで毎日具合を聞く

「好きな子が体調を崩したら心配だし、『熱は?動ける?』『具合はどう?』と聞いてしまう」(20代・公務員)

体調を崩したことを彼に伝えたとき、「大丈夫? お大事に」などの軽い一言は誰でもかけられるもの。

しかし、「買い物とか手伝おうか?」など、親身さが伝わってくる言葉があるならば、好意があると捉えてもよさそうです。

怪しまれないようなデートの誘いをする

「結構周りからチャラいというレッテルを貼られているため、相手に警戒されないように、『よかったら一緒にランチしません?』とか、健全なデートですよーという誘いをしている」(30代・コンサルタント)

好きな相手に「カラダ目的?」など、邪な誘いと思われてしまうのは避けたいもの。

なので、好きなら誤解をさせないよう、デートの誘いにも慎重さと健全さを見せます。

好意がある証拠!

本気で好きなら自分からLINEも送るし、相手に嫌われないよう、誤解されないよう慎重にもなるんです。

もし、ご紹介したようなLINEが来るのなら、彼は単に親切というわけではなく、高確率であなたに好意がありますよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)