気になる彼がいるなら、まずは異性として意識してもらうことが大切です。

そのためには、いつものLINEで「俺のこと好きなのかも」と、彼が受け取るような、ちょっとした好意をにじませるのが効果的です。

男性が思わずあなたを意識してしまう「好意のチラ見せ」LINEのテクニックを紹介します。

恋愛トークをする

「踏み込んだことは聞かれたくないけど、『どんな子がタイプ?』くらいの軽い恋バナは、意識されてる気がします。話しているうちに『この子と付き合ったらどうかな?』と想像することも」(30歳・男性)

知り合って早い段階で恋愛系の話題を出されると、その女子を意識してしまう男性が多いんです。

サラッと「○○くんの彼女になる人がうらやましい」と言えば、さらにドキドキしてもらえることも……。

恋バナならなんでもいいわけではなく、元カノの話題や自分の元カレの悪口、詮索するようなものなど、ネガティブなのはNG。

サラッと明るく、がポイントです!

ここぞというときのハートの絵文字

「ハートの絵文字、たまーに使われると意味ありげでドキドキします」(28歳・男性)

ベタすぎる……。と思うでしょうが、やっぱりハートの絵文字やスタンプにはドキッとする男性が多いです。

でも「毎回、文末がハート」などの使い過ぎは「そういう(媚びていく)タイプなんだ」と、効果が薄れます。

たまにしか使わないことで「もしかして……。」と思わせられるんです。

ここぞというときだけ使いましょう。LINEの名前に♡を付けてる人は、すぐに外して!

「うれしい!」「楽しい!」は盛り気味に

「うれしい、ありがとう。より、『うれしい!ありがとう(スタンプ)』だったら後者のほうが喜んでる感ありますよね。淡々としてると、好かれているって気がしないもんです」(25歳・男性)

実際に話すときより、文章で感情を伝えるのは難しいもの。

うれしい気持ちを普通に文章にすると、社交辞令に見えたり、喜びが伝わらないことも。

だからこそ、「うれしい!」「楽しい!」などポジティブな気持ちは盛り気味に伝えましょう。

女性が大げさなほど喜ぶ姿を見せてくれると、「気があるのかな」とドキッとするそう。

言葉とスタンプをセットにすると、より感情が伝わりやすくなりますよ。

「○○くんだけ」

「『こんなに笑ったの久しぶり、〇〇君と遊んだからかな』なんて『あなただけアピール』をされると、おおっ!と思います」(24歳・男性)

自分を特別扱いしてくれる人のことは意識してしまうもの。

気になる彼には、特別に思っていることをアピールしましょう。「○○くんだけ」という言葉を使えば、簡単に特別感がでます。

自分がその女子にとって特別な存在だと知ると、相手のことも特別に意識してしまう、そんな男性も多いですよ。

男として見てるアピールが大切!

好きバレしないようなさっぱりした態度は、男性も「ふーん、脈ナシか」と捉えてしまうもの。

それでは仲良くなれません。

好きな気持ちをチラチラ見せたほうが、男性はドキッとして、あなたを急に意識するもの。

「男として見てます♡」アピールが、恋を加速させますよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)