本命になれる「決め手」はなんだと思いますか?

「可愛いな」と思ってもらえることは、本命への第一歩かもしれません。

でも、男性たちに話を聞くと、本命の決め手になったのは、「俺がずっと一緒にいたいのはこの子だ」と思える瞬間があったから。

今回は、可愛い子から本命に、恋が発展したきっかけを男性に聞いてきました。

「可愛いな」から本命に!男性の実体験まとめ

将来をしっかり考えているのを知ったとき

「合コンで出会った可愛い子がいて、何回か食事に誘って話しているうちに、将来をしっかり考えていることが判明。貯金や保険の見直し、将来性のある仕事に就いていたり。そういうのを知るうちに、他の男には渡したくない思いが強くなった」(32歳・男性・会社員)

若いうちは、「今が楽しければいい」という考えもあるかもしれませんが、いい年齢になってくると、人生設計ができているかどうかも大切。

自己管理や将来のことについて、しっかり考え、賢く生活しているなら、誠実な男性からの好感度は、かなり上がるはずです。

相性がとてもいいと感じたとき

「今の彼女とは、初デートのときからリラックスできました。その後も連絡のペースやデートに誘う頻度もよく似ていたんです。偶然かもしれませんが『僕もそう思っていた』が何回もあると運命を感じます」(27歳・男性・公務員)

お付き合いをするからには、できる限り長続きしたいものですよね。

そのためにも、お互いに無理をせず、相手に合わせすぎないことが大切。

自分のペースや感じていることを大切にしてみてください。

自然体で余裕のあるコミュニケーションは、相手をリラックスさせる効果もありますし、そのうえで相性がピッタリなら、あと少しで本命になれるはずです!

意見をはっきり言っていたとき

「デートで僕たちの前に、傘を振って歩く男性が。その後ろには小さな子連れ親子が歩いていて、それを見た彼女が『危ないですよ』と男性に声をかけたんです。必要なときにはっきり意見を言える姿にドキッとしました」(29歳・男性・介護士)

恥ずかしがり屋さんや、少しおどおどした女性は、男性にとって守ってあげたくなる存在。

でも、誰かが傷つけられそうなときは、ためらうことなくしっかり意見を言える。

そんな一面を持つ女性なら、確かに本命に選ばれる魅力を持っていますね!

自分の魅力を感じてもらおう!

本命は、相手にウケのいい要素を振りまくだけではなれません。

ある程度の言動を意識することは大切ですが、一番大切なのは、自分だけが持っている魅力をしっかり伝えること。

男性にとって他の女性にはない魅力を感じ取ってもらえるなら、本命への道が開けるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)