片思い中は、不安になったり落ち込んだりすることが多いかもしれません。

不安定な精神状態が続き、「片思いが辛い」と感じる女性も少なくないようです。

そこで今回は、両想いに向け、楽しく片思い期間を過ごすコツをご紹介。

せっかく恋をするなら、できる限り楽しんでみませんか?

片思いが辛い?両想いに向け楽しく恋をするコツ

自分の時間を大切にする

片思い中は、好きな人のことで頭がいっぱい。

でも、そのほとんどは自分の中で勝手に大きくなっているだけ。

多くの時間をかけて考えたところで、変わらないことも多々あります。

恋を楽しむためには、あくまでも自分の生活をベースにすることがポイント。

いつも通りの生活(現実)に、恋愛をプラスするようなイメージがおすすめです。

意識するだけでも、仕事や趣味、友達・家族との時間など、自分の時間も大切にすることができるもの。

相手の一挙手一投足に、心をふりまわされないよう意識してみてください。

片思いを周りに話しすぎない

片思い中、悩みを話せる友人がいれば、恋心を吐き出すことができるので助かります。

片思いを打ち明けられるほどの友人であれば、同時にあなたの恋が叶うことを願ってくれるでしょう。

すると、「え~!誘っちゃおうよ~!」とグイグイ押されたり、共通の友人という場合、「○○くんが~っていってたよ」と、余計に気になる情報を聞かされたりすることも。

もし友達に話すなら、片思いの話題が多くなりすぎないように注意!

あくまでも、決定は自分でするという意思を持っておきましょう。

情報の収集と伝達を意識して話す

相手と話すときは、彼が何を好きで、何を考えているのかという「情報の収集」に加え、自分は何が好きで、どう考えているのかを伝える「情報の伝達」が必要になります。

このふたつを、客観的な目線で交換できれば、盲目の恋を避けるために必要な冷静さをキープすることができます。

「こういう人なんだ!」と、彼を知る楽しみをメインにしたり、いかに上手に自身のことを伝えるか作戦を立てたりすれば、楽しみを増やすことができるはずです。

ふたりきりを求めすぎない

片思い中は、好きな人とふたりきりになりたいと考えがちですが、ふたりきりになると、相手への印象や、振る舞いの自然さなどを減点方式で考えがちです。

みんなと一緒にいる中に好きな人もいる、という状態なら、その時間を楽しみ、なごやかな雰囲気で会話をするなど、前向きな要素が頭に浮かびませんか?

リラックスした雰囲気の中で笑顔を見せ、気遣いができることもアピールすれば、きっと両想いへの確率をアップできるはずです。

伝える心の量をコントロールする

片思い中は、伝えたい想いがどんどん蓄積していくもの。

なかなか伝えるチャンスがないからこそ、「今だ!」と思ったときは、一気にメッセージを送りがちです。

でも、相手が受け取ることができない場合、空回りに終わってしまいます。

伝えたい気持ちはグッと押さえ、伝える心を、相手が受け取れる量にコントロールしてみてください。

感謝の気持ちなどを優先して伝えれば、彼にも喜んでもらいやすいもの。

すべてを伝えず、彼の気持ちを考えたうえで、上手に伝えていきましょう。

自分で片思いを重くしない

片思い中は、自分の中で恋心を勝手に育ててしまい、どんどん想いが重くなる傾向にあります。

この気持ちが重すぎると、彼だけでなく、自身まで辛くなってしまいます。

明るく楽しく軽い気持ちで、ひとつひとつの出来事を楽しむことを意識してみませんか?

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)