女性:「今日は○○くんと、たくさんLINEで話せてる!幸せ!」
男性:「そろそろ、この会話終わらないかな……」

……LINEラリー中の男女。

実際こんなシーンは意外と多いようです。

女性からすると、ちょっと怖いですよね。

好印象を与えるためにも、「そろそろLINEリレーを終わらせたい」という男性のサインには敏感でいたいもの。

そこでこの記事では、男性がLINEでの会話を終わらせたいときの言動をまとめました。

もうよくない?男性がLINEリレーを終わらせたいサイン

日が変わってから返事を送る

もし、遅い時間にLINEのやり取りが始まったなら「もう遅いし、これ以上続けたら悪いかな……」と気遣い、返事が翌日以降に来ることもあるでしょう。

でも、朝や昼に会話が始まり、レスポンスがだんだん鈍くなる。そして、最後の既読からもうすぐ24時間経とうか、というくらいにようやく返事が……。

このような流れであれば、相手の男性は会話を続けたいと思っていないのかもしれません。

ダラダラと会話を続けるよりも、数分間連続で会話ができたら、後の会話は、寝る前だけにしておくなど、メリハリをつけた会話ペースがおすすめです。

男性側が連続で送って結論を言う

LINEで悩みを話したり、相談をしたりすることもありますよね。

そんなとき、男性から「~がいいんじゃないかな」「○○していこうよ」など、結論らしき言葉が書かれた返事が来たら要注意。

相手の彼は、「もうこの話はこれでおしまいにしない?」と言いたいのかも!

にもかかわらず、女性側から話を振り出しに戻すような言葉で会話を続けようとするのはNG。

「そうしてみるね!ありがとう!」と言って、会話を切り上げるか、別の話題に移るのがおすすめです。

真面目な話に冗談を入れてくる

最初はじっくりゆっくり、真面目な会話をしていたのに、少しずつ冗談が入ったり、からかったりしてきたときは、男性が会話に飽きてきたサインかもしれません。

会話を終わらせたいと意識して言っているわけではないものの、そろそろ明るい雰囲気にしたいと感じている可能性はあります。

少し神妙な雰囲気が続いているなら、ある程度で切り上げて!明るい話題で締めくくるほうが好印象に映るはずです。

通話で話そうとしてくる

ある程度会話のやりとりが続いていたら、LINEの通話がかかってきた……。

直接声で話せるのは嬉しいことですが、実際のところ、LINEでの会話が面倒になってきた証拠かもしれません。

男性が、話したほうが早いと感じている可能性もあるので、通話がかかってきたときは、会話の内容をチェック。

相手の男性にとって、LINEでしたい会話がどんなか、逆に通話で話したいのはどんな内容かを確認しておくのもおすすめです。

相手のペースや好みを知ろう!

相手の男性がLINEリレーを終わらせたいと思っているからと言って、=嫌われている、というわけではありません。

むしろ、相手の男性がどんな会話を好み、直接話したいのはどんな会話なのかを知るチャンス!

少しずつお互いの好みをすり合わせて、自然に会話を楽しめる関係を強化していきましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)