「付き合っても、なぜかすぐ相手に飽きられる」「マンネリになるとそのまま破局するパターンばかり」そんな恋愛って辛いですよね……。

できれば、ずーっと交際初期のような新鮮さをキープしたいもの。ラブラブでいるためには、やっぱりちょっとした工夫や努力が必要です。

そこで今回は、大好きな彼とラブラブでいるためのちょい足しをご紹介します。

男性とずっと仲良しでいるための「日々のちょい足し」

デートの時に思い出の写真を撮る

写真って、後から見ると、そのときの思い出に浸れる秀逸な品。

そう、マンネリやケンカをした際、新鮮さを取り戻したり、気持ちを再燃させたりするためにも写真は一役買ってくれるでしょう。

デートのとき、単にインスタ映えする写真ってよく撮りますよね。

自然をバックに彼とのツーショットを撮ったり、彼の笑顔や寝顔を撮ったりして、お気に入りの写真はプリントアウトしアルバムにするのもオススメ!

いい関係を続けるためには素敵な思い出は必須ですよ。

二人で何かを作ったり副業してみる

たとえば、今ご紹介したようにアルバム作りや料理、勤務先が副業OKなら二人で一緒に副業をしてみるのはオススメ。

二人で力を合わせて何か一つのことをするのっていいですよね。何か一緒にするだけでも二人の時間も会話も増えますから。

また楽しいだけじゃなく、ときにはぶつかることもあるかもしれません。それを乗り越えていくたびに絆も深まるでしょう。

もちろん、お互い一人の時間も大事ですが、二人の時間も大事にしないと仲良しにはなれませんから。

お互いの友人を交え食事・遊び

お互いの友人を交え食事・遊び

共通の知り合いがいないと、当然のことながら遊ぶときはいつも彼と二人きり。

それもそれで楽しいですが、例えばケンカをして仲直りしたいけど歩み寄れないときなど、仲介役として間に入ってくれる共通の友人がいた方が関係も長続きはしやすいでしょう。

彼と共通の友人がいないのなら、関係が落ち着いてきた頃くらいにお互い友人を紹介して、一緒に食事をするなり遊んだりして友人をシェアしたほうがいいですよ。

普段からプチプレゼント

たまにプチプレゼントをして、感謝の気持ちを伝える、相手のテンションを上げる、というのも大切です。

誕生日やクリスマスなどのイベント日ではないので、大々的なプレゼントではなく、例えばコンビニスイーツとか、ハンカチとか、お手紙とか、お手軽なものでOK! 

プレゼント自体ももちろん嬉しいですが、自分のために用意をしてくれた、という相手の優しい気持ちが一番嬉しいですよね。

そういう気持ちってすごく大事。月に1〜2回、何かプレゼントしてみるのもいいものですよ。

日々の付き合いにちょい足し!

「彼氏はできても長続きしない」「マンネリになりやすい」「飽きられやすい……」というのなら、日々の付き合いにちょい足しをして新鮮さをキープ! 

ちょっとの工夫や努力でいい関係が長続きしますから!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)