「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

「恋がしたいということを、周りに自然と出すにはどうしたらいいですか?」という相談がTwiiterに寄せられました

相談者は彼氏が欲しいという気持ちもありますが、一歩手前の「まずは恋がしたい!」という気持ちの方が強いようです。

男側からすると、唐突に「恋がしたいんです」と女性からアピールされても、その回答に困ってしまいますよね。

「この子、ピュアぶってるの?」「これまで恋愛経験が無いのかな?」など、ちょっと大丈夫?と心配されることが多いです。

そこで今回は、周りが聞いていて、自然と「恋がしたい」ことが伝わるフレーズについて紹介したいと思います。

恋がしたい気持ちをまわりに自然と知ってもらう方法

1、羨ましい

まずはオブラートに包んだフレーズとしては最も使いやすいのが「羨ましい」です。

男性を交えた複数人での会話の中などで、誰かのここ最近の熱い恋愛エピソードトークを聞くシーンがよくあると思います。そこでぼそっと「羨ましいな」と言ってアピールしておくんです。

この恋愛エピソードトークからの流れで「羨ましい」と聞いた周りとしては、「この子、恋がしたいんだな。」「この子、彼氏欲しいんだなと。」と周囲は察知しますから。

ワードも短く簡単なので、恋愛エピソードを聞いた際は挟んでみるのもいいですよ。

2、予定が無い

「予定が無い」「暇」アピールも効果的。ただこのフレーズだけ言っても意味がありません。

このフレーズを言う絶好のタイミングがあります。例えば、カップルが二人の仲を深めるイベント、クリスマス、誕生日、花火大会など。それ以外にも、ゴールデンウィーク、年末年始などの大型連休もイベントと言えばイベントのジャンルに入ると思います。

このイベントシーズンが近くなると、「クリスマスの予定は?」なんてお決まりの質問が飛んでくること結構多いですよね。

特に男性から飛んできた場合は、「予定が無くて暇してます!」と言ってください。

言われた男性からすると、暇してるから誘って欲しいのかなと思います。

うまくいけば「じゃあ、一緒にご飯でもいく?」なんて展開にも発展しますから。

相手の男性に合わせて使い分けよう

気になる相手が勘のいい男性かどうかで、今回紹介したフレーズを使い分けられるといいですね。

勘が良い男性なら、「羨ましい」「暇」「予定が無い」というフレーズだけで気持ちがわかるもの。あなたのことに興味があるなら、すぐにアプローチをしてきます。

勘が良くない男性なら、ストレートに「彼氏が欲しい」など言ってあげた方がいいです。ぜひ、参考にしてみてください。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)