男性とLINEしていて、「既読スルーされることが多いな……」と感じている人もいるのではないでしょうか?

こうしたことが続く場合、LINEの内容を見て男性が返信したくないと思ってしまっているかもしれません。

もしそうだとしたら、どんなLINEがNGだったのか知りたいですよね。

ここでは、男性が「迷惑だな……返信したくない」と思ってしまう女性のLINEの例を紹介します。

気になる人は、過去のLINEを振り返り照らし合わせてみてくださいね。

「もう返信したくない…」男性が送られて迷惑だと感じるNGなLINE

深夜のとりとめのないLINE

眠れない夜に男性にLINEを送るという人も多いと思います。

相手の男性が夜ふかしが好きだったり、たまたま起きていたという場合は良いですが、既読スルーされたままだとしたら、その深夜のLINEが原因となっているかもしれません。

忙しくて疲れている男性にとっては、夜はしっかり眠って回復したい大切な時間です。

そんな時、急用でもないLINEを送ってきて、しかも長かったり、回数が多いといった場合は、「今じゃなきゃダメなの?」と迷惑に感じてしまいます。

「配慮ができない女性だな」と判断して、それ以降もあえてスルーしたままにする可能性もあるのです。

夜遅くにLINEする際は、相手の男性の状況を想像し、迷惑ではないかどうか考えるようにしましょう。

泣き言が続く

LINEで男性に話を聞いて欲しい、相談に乗って欲しいと思っている女性は少なくないと思います。

男性も、LINEで女性の話を聞いてあげたり、相談に乗ったりるのはOKと考えている人は多いです。

それでも、あまり長く同じ話が繰り返されてはうんざりしてしまうことも。

また、相談に乗っても女性が「でも……」「だって……」と延々と泣き言をけるようなLINEなら、「迷惑だな。これ以上相手できない」と思ってしまう男性が多いでしょう。

「また今後聞くね」と優しく答えてくれる男性もいますが、嫌気が差して既読スルーのままにしてしまう男性もいます。

LINEでの泣き言の相手をするには、男性も精神力がいるものです。ほどほどにしないと、迷惑な女性だと認定されてしまいます。

質問攻め

相手の男性が好きで、彼のことをもっと知りたい気持ちから、LINEで質問を立て続けに送ってしまうということはありませんか?

彼もあなたが好きでもっと知って欲しいと思っているなら、喜んで答えてくれるかもしれませんが、まだそこまでではない場合は、LINEでの質問攻めは「怖い」とか「面倒くさい……」と迷惑に感じる男性も少なくありません。

また、「それ聞いてどうするの?」と不審がられてしまい、答えに困って既読スルーしているということも……。

質問する場合でも、必ず彼の返信が来て、まずはその話題について少し広げてから、彼に余裕がありそうなら(まだLINEしてくれそうなら)次の質問に移る……というようにしましょう。

ハイペースで質問が続いては、多くの男性は返信する気がなくなってしまいます。

おわりに

気になる男性相手だと、つい気持ちが突っ走ってしまうという人は特に、それが相手にとっては迷惑なLINEとなってしまうこともあるでしょう。

送信する前に、ひと呼吸置いて読み返したり、時間帯や相手の状況を配慮するなどして、既読スルーしたくなるようなLINEにならないように心がけましょう。

(かりん/ライター)

(愛カツ編集部)