恋人の時とは全く別人…結婚したらがらっと変わってしまう、そんな男性には要注意。

事前に見分けることはなかなか難しい……というのが女性の生の声。

そこで、今回は結婚したらがらりと変わってしまう「要注意な男性」の特徴を4つ、ヒントとしてお伝えします。

要注意!「結婚後に態度がガラリと変わってしまう男性」の特徴4つ

1.一人暮らし歴が長い

恋愛はお互いのマイペースさを尊重できます。

一方で、結婚するとなると、四六時中一緒にいることになります。

実家ではなく独り暮らし歴が長い男性は、女性と一緒に生活するなかで「一緒に生活するのは、我慢できない」と感じることが多いのだとか。

なぜなら、結婚前は家で一人自由に過ごせていたのに、結婚後は女性と一緒に暮らすので、自由でのびのびした生活が送れなくなり、それが原因でイライラしてしまうから。

マイペースで非常に長く過ごしていた一人暮らし時代とは違って、誰かとずっと一緒にいることに慣れず、ストレスを感じることが多いのは当たり前と言えば当たり前。

付き合っていたころはあまりケンカもなかったのに、結婚後に急にケンカが増えたなんてこともあるでしょう。

一人暮らしが長い男性との結婚を考えるときは、数ヶ月ほど「同棲する期間」を設けてみて判断するのも良いかもしれませんよ。

2.生活リズムが不規則

在宅ワークであったり、フレックス制であったり、いろいろな働き方がある時代です。

そういった仕事のやり方をしている男性は、場所や時間にとらわれない生活に慣れているため、結婚後に時間や行動をしばられた生活を求められるのを嫌がる傾向が。

女性側が朝出社し、定時に退社するという生活リズムの場合、その規則正しい生活に対して、男性側が大きなストレスを感じるようになってくる可能性も。

しっかりとした生活リズムがある女性側に男性がリズムを合わせ、仕事時間などもそれに応じて決まってきてしまう場合が多いのも原因でしょう。

男性側は「不自由さ」を強く感じるため、結婚当初と比べると「仕事を理由にして家に帰ってこない」といった、行動の変化もあるかもしれません。

3.逃げグセがある

3.逃げグセがある

会社の仕事がうまくいかないと会社を辞めてしまう、サークルで苦手な人がいるとサークルを辞めてしまう、頼まれたことが面倒だとさぼる…。

何かと逃げ癖がある男性は、結婚すると「家庭を持つプレッシャー」に負けて、態度が変わってしまう場合があります。

逃げ癖がある男性は、基本的にはプレッシャーがかかると、そこからまずは離れてしまい、結果的にはいろいろな人に迷惑をかけてしまう傾向が。

結婚は、男性自身に加えて、妻、子ども、相手方の両親・家族といったように、かなり責任範囲が大きくなります。

そんなプレッシャーに直面した際に、逃げ癖がある男性は態度を豹変させしまうこともあり得ますので要注意です。

4.プライドが高い

何かを評論したり、自分が得意な分野をできない人たちを小馬鹿にする、そんなプライドの高い男性には要注意です。

結婚後は、奥さんとなる女性がその対象になってしまうこともあり得ます。

今までは優しかったのに、結婚後に急に彼の態度が変わって、あなたが不快に思う発言は増えることもあるでしょう。

そうなると、結婚生活は非常に苦しいものになります。

あなたや親しい友人に対してだけでなく、顔見知り程度の知り合いやお店の店員に対する態度や発言をチェックして、他人を小馬鹿のするような態度がないかをチェックしてみてくださいね。

しっかり見極めて!

恋愛をする期間よりも結婚生活の方が長くなります。

彼がガラリと変わってしまう、付き合っていた頃と別人のようになってしまうと、その分女性が大きなストレスを抱えて生活する時間が長くなってしまいます。

今回の4つのヒントも参考にしつつ、結婚を前提に彼とのお付き合いを考えるのか、またはそうではないのか……しっかり見極めていきましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)