男性と仲良くデートできたと思っていたのに、2回目のデートのお誘いが来ないと悲しくなってしまいますよね。

何がいけなかったのか、自分ではわかりにくいものです。

そこで今回は、男性をドン引きさせてしまう、何気ない言動について紹介します。

2回目のデートのお誘いがなかった場合にチェックしてみてください。

絶対やっちゃダメ!男性がドン引きしてしまう女性の何気ない言動

飲み会の時だけ騒ぐ

飲み会の時だけ騒いでいる場合、男性をドン引きさせてしまっている可能性があります。

お酒が入ったときに騒いでしまう人は、普段から自分の気持ちを抑え込んでいたり、本音を言っていない人である傾向が高い。

それを男性も分かっています。

しかも、普段おとなしかった人が声を荒げて騒いでいるとイメージが壊れてしまい、男性を引かせてしまう原因に。

ギャップがあると男性を振り向かせることができるのも事実ですが、これは逆効果のギャップといえます。

他の女性の陰口

他の女性の悪口をいうのはかなり印象が悪く、男性をドン引きさせてしまいます。

例えば、モテている女性に対して「あの子、可愛いけど男遊び激しそうだよね」とか、「いろいろな男を引っ掛けてるらしいよ」など、陰口を言うと僻みに聞こえてしまいます。

逆に、自分よりも容姿が劣っている女性に対して「ブス」と言ったり、「鏡を見てからモノをいえ」など、他の女性を蔑むような発言もNG。

男性が引く原因となります。

相手の話を遮る

相手が話している話題を遮って、自分の話をするのも男性を引かせてしまいます。

例えば、男性が話ている話題を「それって〇〇だよね。私も最近~」と自分の話をし始めてしまう場合が当てはまります。

一度や二度、話題がそれるのはいいですが、毎回相手の話を遮って自分の話をし始めたり、相手の話題を横取りしてしまうと男性のフラストレーションが溜まってしまいます。

癖になっている人は気をつけたほうがいいかもしれません。

血液型で判断

血液型で相手のことを判断するのもNGです。

例えば、相手の血液型が分かったときに、「じゃあ、自己中なんだね」とか「大雑把なんだ」と相手の性格を決めつけた発言をすると、男性が引いてしまいます。

他の占いをもとに相手の性格を決めつけるような発言もNG。

相手の性格を語るときは占いに頼らず、相手の行動などを分析してから語るようにすることが大切です。

でないと、失礼になってしまいます。

まとめ

デート中に男性をドン引きさせてしまう行動が現れてしまうと、二回目のデートのお誘いがなくなってしまいます。

相手の話は最後まで聞くとか、占いだけで判断しないなど、基本的なことなので、気をつけてみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)