気になる彼が落ち込んでいるときは、なんとか力になりたいと思うところ。

しかし、その方法を間違えると、彼の気持ちを楽にできないどころか、距離を置きたいと思われてしまうことも……。

そこで今回は、男性が落ち込んだときに女性にしてほしくない行動を紹介します。

彼を励ましたいときの参考にしてみてくださいね。

無意識のうちにやりがち…男性が「落ち込んでいるとき」にしてほしくないこと

しつこく悩みを聞いてくる

「前に付き合っていた子はこっちが落ち込んでるときにあんまりそっとしておいてくれなくて。
『何があったの?』『何かできることある?』ってしつこく聞いてくるのが結構きつかったですね。
言いたくないこともあるんだから、そういうときは察して、ほうっておいてほしい」(29歳/営業)

誰しも落ち込むことはありますが、その解消法は人それぞれ。

女性の場合は話すことで楽になるケースも多いですが、男性の場合はそうとは限らないようです。

もちろん、男性でも話したいタイミングがきたら相談してくれることもあるでしょう。

ただし、そのタイミングは相手にゆだねて、普通に接してあげるほうが相手も気が楽かもしれませんね。

自分の話にすり替えてくる

「会社の1つ上の先輩にちょっとした悩みを相談したら、『私にもそんな時期があったよ。私のときはね……』って、そこから過去の栄光を語られてげんなり。
僕を思って言ってくれてるのはありがたいんですが、結局何もすっきりしないままでしたね」(25歳/医療関係)

悩みを打ち明けられると「何かアドバイスをしなくては」と自分の話をしてしまう場合は意外に多いもの。

しかし、相談相手が本当に求めているのは、ただただ話を聞いてもらうことかもしれません。

無意識に「話ドロボウ」にならないためには、まずは話を聞く姿勢が大切です。

あなたの考えは、相手に求められたタイミングで伝えたほうが、お互い気持ちよく会話ができるかもしれませんね。

ダメ出しをしてくる

「今の彼女は、悩みを相談するととにかくダメ出ししてくるんです。
『それはこうしたほうがいい』とか『○○君が悪いよ』とか。
落ち込んでるのにさらに追いつめられるから、今はもう何かあっても彼女には話さないようにしてます」(28歳/金融関係)

優しい言葉が励ましばかりではありませんが、彼から相談されたいのであればなんでもダメ出しするのは避けましょう。

まず否定から入ることが分かっている相手には気持ちを打ち明けにくいものです。

また、落ち込んでいるときは、ダメなところを本人が一番自覚していることが多いもの。

少しでも前向きになりたくて相談した結果、さらに落ち込んでしまっては本末転倒です。

相手のためと思っても、落ち込んでいるときには伝える言葉を慎重に選びましょう。

相手の気持ちに寄り添った言動を心がけよう

落ち込んでいる相手にとる行動に正解はありませんが、できるだけ気持ちに寄り添った言動を心がけたいものです。

自分だったら嫌だと感じることは避けたほうがよいでしょう。

まずは話を聞く姿勢を心がけていくと、彼も安心してあなたに悩みを打ち明けられるようになるかも。

(愛カツ編集部)