気になる異性の「恋愛対象」となれるか否かは、女性にとってとても重大な課題です。

恋愛対象外にされてしまうと、どんなにアプローチしても彼の心には響かないもの。

では、恋愛対象でいるためには、どんなことに気を付けたらよいのでしょう?

ここでは、恋愛対象外につながりかねない「要注意言動」をまとめました。

恋愛対象から外される?男性にしてはいけない言動4つ

男性全般へのディスり

「男ってほんと女々しいよね〜」など「男は〇〇」といった感じで、男性全般をディスる発言は、恋愛対象から外されやすい言動にあたります。

彼本人に言っている言葉ではないとしても、男というひとくくりに入っている以上、いい気持ちはしないものです。

「この子といると自信をなくしそう」と思われてしまうと、彼女候補から外れてしまう可能性大。

ついつい言いたくなることも多いですが、「男は〇〇」「男は〇〇で当たり前」と決めつける言動にはご注意を!

他人を見下す発言

彼相手ではなくても、他人を見下すような発言は避けるべきです。

女性としての前に、人として性格に問題あり……と思われてしまう可能性大。

他人を見下す発言をする女性を見ると、「いずれ、自分も見下されるのでは……」と不安を抱く男性も多いです。

日々、人を立てる謙虚さを忘れないように意識してみませんか?

ガサツ&不潔発言

大雑把な性格が気取ってなくていい!となるパターンもありますが、「部屋が汚い」「シャワーしないまま寝た」といった発言が目立つと、恋愛対象外となりやすい傾向があります。

彼女にするなら清潔感のある女性を!と思う男性は多いもの。

また、筆者の友人男性は、「食後に目の前で、平気でつまようじを使った女性がいて、恋愛対象に見れなくなった」と言っていました。

気取らないことも大切ですが、品のない行動につながらないよう気をつけておきたいものです。

欲深い言動

お金でものごとを判断する、お金に執着する、なにかとすぐにおねだりする。

こんなふうに、欲深さを感じさせる言動も、男性が距離を置きたくなる原因となりやすいです。

損得勘定が強い人と一緒にいると「なにかメリットがあるから一緒にいるのかな」と疑心暗鬼になってしまうもの。

そのため、損得勘定が強い女性に対して、警戒心や嫌悪感を抱く男性は少なくありません。

「なにかの欲のために仲良くしているんだな」と誤解されないよう注意しておきましょう。

美人でも恋愛対象外になり得る!

どんなに美しい女性でも、言動次第で恋愛対象から外れてしまうことは多いもの。

好きな人と結ばれるには、見た目の美しさだけではなく振る舞いや心の魅力が重要です。

男性にしてはいけない言動に気を付けて、好きな人の彼女候補を目指していきましょう。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)