恋愛をすると彼氏に依存してしまう女性って多いですよね。

でも、これって女性だけの特徴ではないんです。男性の中にも、彼女ができた途端に彼女にべったり依存してくる人がいます。

今回は、付き合ってから大変な目に遭う、依存系男子の特徴をご紹介します。

付き合うと依存されちゃう面倒な男性の特徴

付き合う前から連絡魔

「一番失敗したなと思っているのが、付き合う前からLINEの連絡がずっと絶えなかった彼氏です。当時は寂しがり屋で可愛いと思っていましたが、付き合ってからは余計に連絡魔になって。少しでも返事を返さないと鬼電がくるんです。参りました」(38歳/専業主婦)

男性の中にも、ずっと会話をしていないと不安になってしまうタイプの人はいます。

付き合う前から、毎日連絡をくれたら、「こんなに愛してくれているんだ」と思ってしまいそうですが、付き合うとそれ以上になることをお忘れなく。

あなたも同じくらい寂しがり屋なら問題ありませんが、仕事中もずっと連絡されるのは辛くないでしょうか。

1人では決められない

「何をするにも1人では決められない元彼。付き合う前のデートでも『○○と○○どっちがいい?』と聞いてきて、私の気持ちを優先してくれて優しいと思っていましたが、ただ決められないだけ。交際後もデートの日時、場所も全部一緒に決めたいって」(36歳/IT)

大人になってからも、生きていくと毎日多くの決断をしなければなりません。

小さな決断すら1人でできない彼氏を持ってしまうと、彼女の負担は2倍に。

最初はよくても、だんだんと面倒になってきてしまいそうですよね。

支配したがり

「何でも自分の思い通りにして支配したがる彼と付き合ったときは疲弊しました。私に似合う服や食べるものまで注文して、最初から兆候は見えてたはずなんです。でも、ポジティブに受け取って感動しちゃって。付き合ってからは自由が何一つない」(36歳/自営)

彼女を支配したがる男性って、実は自分自身も彼女に依存しているのです。

こういう男性に限って、彼女がいなくなると寂しさで壊れそうになったりするもの。

自分に自信がないからこそ、相手を上から支配することで心の平安を保とうとしているからです。

おわりに

付き合う前から、男性の本質って意外と見えているんですよね。

ですが、好きになってしまうと悪い面には目をつぶってしまいがちです。

付き合う前のデートでは、なるべく相手を客観的に見極めるべきです。

そうしないと、付き合ってから酷い苦労をすることになりますよ。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)