彼氏から束縛されるのって好きですか?

「自分も束縛したいから、束縛されても良い」という女性もいるでしょうが、それでも限度というものがあります。

束縛がきつすぎる相手だと、長く付き合っていくうちに相手のことが嫌いになってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、付き合う前に、その男性が「束縛彼氏」になるかどうかを見分ける方法をご紹介します。

束縛してくる男性のLINEには、共通する特徴があるもの。

それを知っておけば、交際前に「束縛彼氏」タイプかどうかを見抜くことができるのです。

もし今、「いいかんじかも?」と思っている男性がいるなら……その彼と付き合う前に、これからご紹介する4つの項目をぜひチェックしてみてくださいね。

交際前に見抜ける!「束縛彼氏」になる男性のLINEの特徴4つ

1.様子を伺ってくるLINEが多い

「『今何してるの?』とか『寝ちゃった?』とか、様子を伺ってくる一見すると小心者っぽい人って付き合うと束縛魔になりますよね。経験上100%の確率で」(36歳/IT)

ちょっと寂しがり屋なだけかな?と見逃してしまいそうですが、下手に出たフリをしながら、実は相手を支配したい欲求があるのかもしれません。

付き合ってからは、つねに現状報告をさせられるなんてこともあり得るかも……!

こういう様子を伺うようなLINEが多い男性は、束縛する可能性が高いので要注意です。

2.既読スルーに反応してくる

「私はいつも付き合いたいなって思った人にはわざと既読スルーをしてみます。それで返事の催促をしてくるようなら、かなり束縛度高めのことが多いので」(29歳/アパレル)

既読スルーを恋愛の駆け引きに使うなんていうのも流行りましたが、今はあまり効果がないとも言われています。

ですが、束縛度を測る尺度にはなるようですね。

付き合う前から既読スルーに対して反応してくるようなら、付き合った後はさらにエスカレートして、束縛してくる可能性が高いでしょう。

3.さりげなく元カノの話をしてくる

3.さりげなく元カノの話をしてくる

「私がいつも確認するのは、元カノについてどう思っているかです。こっちから聞かなくても元カノの話をしてくる場合は、執着心が強い場合が多いので、自分が付き合っても結構束縛されるんだろうなとか考えちゃいますね」(36歳/化粧品)

基本的に男の人は元カノの話などをしたがりません。ですが、どうしても忘れられない場合や、相手への気持ちが強かった場合にはポロリと出てしまうこともあるでしょう。

元カノ話の頻度やその内容から、彼が束縛してくるタイプかどうかがわかります。

4.夜中でもLINEしてくる

「夜中でも構わずLINEしてくる人ってたいてい付き合うとべったりになります。相手と自分の距離感が近いせいだと思いますけど」(26歳/販売)

いつでも一緒にいないと気が済まない、相手の行動をすべて把握しておきたい、そんな男性が好みなら夜中でも朝早くでも時間に関係なくLINEをしてくる男性はピッタリかもしれません。

ですが、それは相手の立場に立って考えるのが苦手な男性である場合も多々あります。

束縛される女性の辛い気持ちを分かってくれない可能性があるので、付き合ったらひどい束縛をされるかもしれません。

交際前のLINEから見抜こう

今回紹介した項目に当てはまれば当てはまるほど、束縛度が高い彼氏になる可能性は高くなります。

もし束縛されるのが嫌いなら、付き合う前に出しているサインを見逃さないように気を付けてくださいね!

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)