「彼とデートを重ねているけど、なんか仲が深まっていないような……」
「付き合っているけど絆が弱いのか、関係が不安定で……」

こんな悩みを抱える女性は多いのではないかと思います。

大事な彼とはちゃんと絆を深めたいもの。その方が簡単に別れにもならず、長く続きますからね。

そこで今回は、彼ともっと絆を深める極意をご紹介します。

時には障害も必須?「彼ともっと絆を深める」極意とは

違う部分と似た部分

そもそも人って、自分と違う価値観や、自分が持っていないものを持つ相手に惹かれやすいんです。

もちろん、最初から似た部分を見つけ合うのもいいことです。

ただ、似た部分を発見し尽くしたら今度は違う部分に目がいってしまい、「合わない……」と感じることもあります。そうなると、うまくいかなくなってしまうこともあるでしょう。

あなたの周りにも、「私たちすごく似てる!」と思って付き合った数ヶ月後には『なんか合わない……』と別れているカップルはいませんか?

絆を強くするためには、違う部分で相手の気を引き、徐々に似た部分を見つけていった方が理想的。

そう、仲良くなっていくなかで、すこしずつ似た部分を二人で探していった方が冷めにくいんです。

接触回数を増やす

苦手な人に何度も会うのは苦痛だと思います。

ですが、気になる人、好きな人と何度も会うのは普通に嬉しいし、心の距離も近づく感じがしませんか?

彼との絆を深めたいのであれば、(付き合っていない場合は、彼に興味を持たれていることが前提ですが)数多く接触することが大切です。

ただ、人というのは徐々に慣れるもので、慣れてきたら相手に飽きたりするもの……。なので、会う回数を増やしても、飽きないような工夫も必要です。

たとえば、付き合う前なら、デートのたびにちょっとメイクやヘアスタイルを変えるとか、すでに付き合っているなら、あまり連続で同じデートをしないとか。

メリハリのある付き合い方をしたほうが、二人の仲も強くなりますよ。

乗り越えられる障害

二人の絆を強めるには、「乗り越えられる障害」があるのもいいものです。

障害を一緒に乗り越えると、同士というか、「困難があっても支え合っていける!」という自信がつくし、信頼関係も強くなるじゃないですか?

ロミオとジュリエットじゃないですが、燃えるのではないかと思います。

たとえば、彼が失業したときに彼の貧乏生活を支えるとか、あなたが事故にあったときに彼が毎日スイーツを持ってお見舞いに来て「退院したら〇〇行こうね」と励ましてくれるとか……。

普段通りにはいかない状況、というのは二人を強くします。

とはいえ、無理に障害を作るのも難しいもの。なければないに越したことはないのかもしれません。

ただひとつ言えるのは、何か障害があっても「簡単に逃げないこと」です。

絆は勝手に強くはならない

絆ってほっとけば勝手に強まるものでもないんです。

絆を深めるには何かしら要素が必要。ご紹介したことを参考に、絆を深めていってください。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)