恋が長く続くカップルとそうでないカップルにはいくつかの違いがあります。

LINEの取り扱いもそのひとつ。

LINEといえば、送る頻度や既読・未読の扱いに感覚の違いが出ますよね。

そこで、あえてオススメしたいのが「未読・既読上等!」という姿勢なんです。

彼が忙しい人でも大丈夫!長続きするカップルの「LINE術」

LINEには温度差がでがち……

女性側は、「もっと彼とLINEしたいのに、彼の返信が遅い」。

男性側は、「本当は、いったん中身を確認したら落ち着いたときに返信したいのに、彼女が『既読スルーは嫌!』って怒る」など。

たとえ仲のいいカップルの間でも、LINEに対しては温度差があることも少なくありません。

LINEのチャット風の画面は、他愛ないことをちょこちょこ送るのに適していますよね。

一方で、既読・未読が分かるせいでこまめな返信が求められている気にもなりやすく、忙しいカップルには実は不向きなツールと言えるかもしれません。

とはいえ、LINEの温度差がそのまま恋の温度差につながってしまうのは避けたいもの。

たかがLINEと言いつつも、返信がこないどころか何度見ても既読すらつかない……こんな状態はツラいし、気にしているうちに「私ばっかり好きみたい」なんて片思いのような気分になることもありますよね。

「送りたいときに送る宣言」をしてみて!

そこでオススメしたいのが「送りたいときに送る」宣言をしてしまうこと。

既読機能があるおかげで、彼の既読を気にしてイライラしたり、どんな他愛ない内容にも返事をするのが義務に思えるのが、LINEの不安の種になっていることも多いものです。

かといって「だから送らない」はストレスをためる原因に。

LINEの既読を気にするあまり「こんなこと彼には言わなくてもいいか」と思うようになると、実際のデートでも「とくに話すこともないし」とテンションが下がりがちに。

「言いたいことがあったら送るけど、ただ聞いてくれればいいこともあるし、返事は気が向いたらで平気だよ」と彼に宣言することで、「彼の返事が来なくても大丈夫」と実感できて、気分が軽くなるんです。

急用や、待ち合わせを決めるときなど、返事が必要なものだけは早く返信してもらい、あとは自由。

このスタイルはLINEに対する彼の苦手意識と、待ちぼうけはツラい!という女子の心の両方を和ませる効果があります。

彼のなかで「恋の優先順位」が上がるかも?

仕事中でも、友達と遊んでいても、女子はその気になれば一日中恋愛のこと、彼のことを考えていることができますよね。

そして、そうしながらも日常もちゃんとこなすことができます。

でも、男性は違います。

基本的には複数のことを並行して考えるのは苦手だし、さらに恋愛の優先順位が女性よりも高くない人が多いです。

自然と日々の生活の中での恋愛にかけるウェイトは男性のほうが低くなり、だからこそ女子はイライラしがち。

でも当の男性は「仕事してたら数日経ってた」なんて、大分経ってからLINEの返事を送ることもザラです。

だから、恋愛における時間の感覚がカップル間でも全然違う……なんてことも多いんです。

「送りたいときに送る」LINEは、この時間の感覚のズレを縮めてくれる効果もあります。

返信を強要しない、軽やかなLINEがちょこちょこ来ていれば、忙しい彼も彼もふとしたときに「さっきのに返事しようかな」と思うことも。

放っておけばどんどん後回しにされがちなコミュニケーションの優先順位を、自然に上げてくれるかもしれません。

「温度差」の調整を!

カップル間でも意外にできていないのがLINEに対する「温度差」の調整。

他愛ないコミュニケーションのためのツールと考えている人と、必要なときに連絡が取れればいいとしか思っていない人では温度差が出て当たり前ですよね。

「送りたいときに送る」宣言はきっかけのひとつ。

口に出してみることで「もう少し連絡がほしい」「忙しい時はそっとしておいて」など、二人の意識のすり合せにつながるかもしれません。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)