気になる彼に、あの手この手でアプローチしたものの、まったく振り向いてもらえない……。

希望を捨てずに頑張ってみたものの、「これは無理だな」と脈ナシを実感したこともあるのではないでしょうか?

今回はそんな、「明らかに脈ナシ」だと思わざるを得ない、男性の行動を集めてみました。

さすがにムリ!明らかに脈なしな男性の言動

数日前に話したことを覚えていない

「数日前、好きな人と話が盛り上がりました。でも、今日『この前の話ね』と切り出したら、初めて聞くような顔をされて……。盛り上がったと思ったのは私だけで、彼は聞いてもいなかったんだなと思いました」(24歳・女性)

男性の脈ありサインの一つに「好きな子の話を覚えていることをアピールする」があります。

好きな人との話は、何度も思い出すもの。記憶に残らない時点で、脈なし感が強いです。

盛り上がったように見えても、上の空だったのかもしれません。

二人になると冷たい

「飲み会で好きな人と友達と3人で話していたときは笑顔だったのに、友達がトイレに行ったら好きな人も急に黙ってメニューを見はじめたとき。私とは話す気はゼロなんだなって思いました。友達が戻ったらまたニコニコしてて悲しかった……。」(27歳・女性)

人見知りの可能性もありますが、もし少しでも脈があれば、二人になった瞬間に「いい方に」態度が変わるはず。

人目がなくなった瞬間、ほぼ無視のような態度をされるのは、残念ながら脈ナシ。

まずは話ができるように頑張るか、あきらめて次に行くか、考えたほうがいいでしょう。

LINEの返信が遅すぎる

「好きな人にLINEをしても返信が遅すぎて、もう無理だなって思っています。友達には『忙しいんじゃない?』と言われたけど、SNSには投稿してるし、普段からしょっちゅうスマホを触っている人だから。丸一日未読スルーなんて、ありえないんですよ」(26歳・女性)

「がっついて見せたくない」と、わざと返事を遅めにする男性もいますが、丸一日未読スルーはちょっと放置しすぎ。

好意があれば、24時間以内には返信をする男性が多数派です。

返しやすい文章を練って送っても、返信が遅いままであれば、残念ながら「あえてのスルー」なのかもしれません。

連絡先を教えてもらえない

「勇気を出して好きな人にLINEの友達登録をお願いしたら、『俺のLINE壊れてるから』って……。スマホじゃなくてLINEって壊れるの?そんなわけないですよね」(28歳・女性)

LINEの交換のように比較的気軽にできるものを断られる……「強めの拒否サイン」という印象です。

しかし、「聞くだけ聞いて、いつも既読スルー」よりはダメージが浅いのでは?潔く次にいきましょう。

遊びに誘ってもかわされる

「好きな人を飲みに誘っても、来てくれたことがないんです。最初は『忙しいから』と言われてましたが、一ヶ月経っても都合がつかないなんて、ないですよね。「この日ならいけるよ」と言ってくれない時点で『行きたくない』でしょうね」(30歳・女性)

どんなに忙しい男性も、二週間程度余裕があれば、時間を作れることが多いと言います。

せっかくのお誘いを一ヶ月もスルーするなら、それは「忙しい」ではなく「行きたくない」なのかも。

「この日ならOKだよ」と言ってくれないなら、今は誘い時ではないのでしょう。

時には潔く次へ

男性の脈なしサインは「冷たい気がする」どころではなく、はっきりと「冷たい」「怖い」」と感じるようなものばかり。

しかし、こんなに冷たい男性たちも、興味のない女子に気を持たせないだけ、誠実な部分もあると思います。

潔く忘れて、次に行きたいものですね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)