アラサーとなり焦りを感じている、年齢が気になってきたという女性は少なくないはず。

筆者もそんな気持ちを抱えるひとりです。

でも、25歳を過ぎ、30代40代年齢を重ねてもモテる女性はたくさんいます。

そこで今回は、年齢を重ねてもモテ続ける女性の特徴について考えていきたいと思います。

若さ=武器は嘘?20代後半以降もモテ続ける女性の特徴

年齢に執着しない

若さも確かに魅力のひとつですし、魅力をアピールする武器と言えるでしょう。

しかし、年齢・若さに執着する姿は、男性には魅力的に見えないものです。

むしろ必死な姿に、1歩引いてしまう男性は少なくありません。

モテ続ける大人女子には、年齢を重ねることを恐れず、むしろ「30歳になってからのほうが楽しい!」という余裕さえ感じられます。

年齢に執着せず、いまの自分を愛せる余裕が、男性に魅力を感じさせるのかもしれませんね。

年相応の振る舞い

若々しく見えることは大切ですが、言動がいつまでも若いのは「幼い」「幼稚」といったマイナスイメージにつながりやすいものです。

モテ続ける女性には、マナーや教養があり、落ち着いた振る舞いができるという特徴があります。

年相応の振る舞いができ、精神的な成長を感じられる女性は、どこか凛として品があり、女性から見ても魅力的と言えるでしょう。

今の自分を理解している

いまの自分がどう見られているのか、どんな環境に置かれているのか、冷静に自分を理解できる女性もモテる大人女子の特徴と言えます。

現在の自分をきちんと理解できていないと、「服装と見た目が合っていない」「いつまでも若いままで成長していない」となりがちです。

自分の些細な変化に気付くためにも、いまの自分を理解することが大切だと言えます。

理想の自分ではなく現実の自分に目を向けているからこそ、「シワ対策をしよう」「太りやすくなってきたから食事の管理をしよう」などの努力が続けられ、若々しい印象につながっているのかもしれませんね。

1歩引いて周りを立てる余裕

「私が私が」という自己主張が魅力的に見えるのは、25歳まで。

いい大人なのに、いつまでも自己主張が強かったり自分が主役じゃないと気が済まなかったりする姿は、一緒にいて疲れを感じてしまうものです。

1歩引いて周りを立てる配慮ができる人は、一緒にいる相手に「居心地が良い」と思わせます。

大人の余裕を感じさせることにもつながりますし、相手を立てられる器の大きさもモテ続ける理由と言えるでしょう。

モテに年齢は関係なし!

若さだけが魅力ではありませんし、大人の女性だからこそ見せられる魅力もたくさんあるはず。

そう考えると、年齢に焦りを感じる必要はそこまでないのかもしれません。

いまの自分を愛する気持ちを忘れずに、大人女子の魅力を一緒に磨いていきましょう!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)