いい子だとは感じているけれど、「付き合いたい」とはなかなか思うことができない。

男性がそんな風に感じてしまう女性には、どういった特徴や共通点があるものなのでしょうか。

そこで今回は、なかなか「付き合うまでいかない」原因を紹介します。

「友達」として仲良くなりすぎる

好きな男性に対しては、まずは少しでも距離を縮めていくことに力を入れるでしょう。

それは間違ってはいないですが、友達として仲良くなりすぎてしまうと、恋愛関係には発展しにくくなることも…。

恋愛相手として意識できなくなったり、今の関係性を壊したくないと思われてしまったりする可能性も出てきます。

仲良くはしつつも、好意を抱いていることはそれとなく示しておくと、男性の恋愛スイッチも入りやすくなりますよ。

「束縛」が激しそう

「この子は束縛が激しそうだな」と感じたら、付き合いたいという気持ちは湧き起こりません。

付き合ったら大変なことになる姿しか想像できなくなるので、自らそこに飛び込んでいこうとする男性はまずいないでしょう。

なんでも知ろうとする、すべてに首を突っ込む、連絡が多すぎる、SNSを細かくチェックする。

こういった行動は激しい束縛や過干渉を感じさせてしまうので、気になる男性に対して絶対に取ってはいけませんよ。

「感情」が読めない

感情の起伏が激しすぎる女性のことは、苦手に感じる男性が多いです。

とはいえ、いつも反応が薄くて、あまり感情が読めない女性も、どう対応をすればいいのかがわからなくなってしまうもの。

一緒にいても楽しそうにしている感じが伝わってこないと、「また会いたい」といった気持ちにはならないでしょう。

うれしいとか楽しいといった感情はできるだけわかりやすく表現すると、「もっと喜ばせたい」という思いになるので、男性はどんどんあなたに夢中になっていくはずですよ。

「いい子」すぎる

「いい子だな」と感じる女性には、男性は間違いなく好感を抱くでしょう。

でも、いい子なだけであったり、いい子すぎたりすると、「なんかつまらないな」と思ってしまうのも事実。

特に、男性に従順になりすぎると、すぐに飽きられることになるので、自分の意見を主張することも大切です。

すべての考えが同じである必要なんてないので、なんでも合わせるのではなく「自分」を見せていったほうが、男性には魅力的に感じてもらえますよ。

おわりに

いい子でいることだけが、男性の心をつかむポイントではありません。

相手との距離感を上手に縮めながら、気持ちを高め合っていくことが、交際まで発展させるのには大事ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)