好きな男性に嫉妬されて、嬉しく感じた経験はありませんか?

実はコレ、男性にも「こういう嫉妬ならされると嬉しい」というものがあるようです。

そこで今回は、女性に嫉妬されて、ちょっぴり嬉しくなった男性のエピソードをご紹介。

気になる男性や、彼氏の気を惹きたいときに使ってみてはいかがでしょう?

【男性の本音】むしろ妬かれたい!男性の理想のヤキモチとは?

「私も行きたい!」のリクエスト

「たまたま、退職した先輩女性Aに誘われ、ある人気居酒屋へ行ったときのこと。その話を同僚のBにすると『私もそこ行きたいな~。私は連れてってくれないの?』と、嫉妬交じりのリクエストをされました。

人気居酒屋に行きたいだけかもしれないですが、なんだか人気者になったような気分。ちょっと嬉しくなりました。」(24歳・男性・会社員)

同じ嫉妬でも、「あの子とは遊びに行かないで!」「ふたりきりはダメ!」と、行動を制限してしまうような発言はNG。

「私も連れて行って欲しい」「私も○○してほしい」というプラス要素のある嫉妬がおすすめです。

他の女の子について質問ラッシュ

「現彼女のAと恋人未満だった頃、友人に紹介された女性Bと食事に行きました。すると後日、LINEにお礼のメッセージと、Bの自撮りが送られてきて……。たまたまAとデート中で、隣にいたAの目にも入ったんです。

すると『誰?その子?』『可愛いの?ふ~ん』『ゴハン行ったんだ~。何食べたの?』などと質問ラッシュ。まだ恋人未満だったとはいえ、いい雰囲気だったので、誤解がないようにハキハキ説明したのですが、嫉妬を感じる攻めは、なんだか嬉しかったです」(23歳・男性・大学院生)

他の女の子についてたくさん質問してくるのは、あきらかな嫉妬を感じさせる言動。

「いかにも嫉妬してます」という演技も少し入れると、逆に可愛く見えるかもしれません。

ある程度親しい仲なら、可愛く嫉妬した後「なんか今日、○○が食べたいな~」とちょっとすねた素振りでリクエスト、なんていうのもおすすめです。

「どうせ○○でしょ」と拗ねる

「どうせ○○でしょ」と拗ねる

「いつも週末は一緒に食事をするというのが、彼女との定番ですが、その日は久しぶりに地元に帰ってきた女友達と飲みに行くことに。サシではなく、地元に残っているもう一人の友達も一緒だったんですが……。

『どうせ私より可愛いからでしょ』『私とゴハン行くときより楽しそう』など、拗ねてしまった彼女。冗談半分なのはわかっていましたが、ご機嫌はとっておきたいので、『じゃあ今度○○に行こうよ』と、彼女が行きたがっていた場所に行くデートを提案すると大喜び。急に機嫌がよくなる彼女が可愛かったです」(28歳・男性・看護師)

ときには、拗ねるリアクションも可愛いもの。

もちろん、拗ねても可愛く、気軽に埋め合わせを提案してくれるような信頼関係を築いておくことも大切です。

可愛い嫉妬ができるかどうかは、普段のコミュニケーションがカギなのかもしれません。

もちろんすぐに機嫌を直すこともお忘れなく!

可愛く嫉妬して彼のハートをギュ!

嫉妬は「私だけを見て!」というメッセージにもなるので、求められていることを感じられれば、男性も思わず嬉しくなるものです。

どうすれば自分が喜ぶか? というヒントを見せながら、可愛く嫉妬すれば、彼のハートをギュッと掴めるはずです。

ただし、どんな嫉妬をする際も「可愛く」あることをお忘れなく!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)