出会いを求めていて、運命を感じたことはありますか?

運命の出会いにも、いろいろな種類があると思いますが……「結婚したい」と思える相手も、運命の出会いと言えるのではないでしょうか。

人生にそう何度も出会えない、「結婚したい」と思う相手が目の前に現れたら、男性ならどんな言動を取るのでしょうか。

男性が「運命の相手」だと感じた女性だけに取る言動3つ

味方になろうとする

結婚を考えられる相手との出会いは、人生の中でそうありません。

相手がなにか困っていたら、「助けてあげたい」と思うでしょうし、「相手のために何かしてあげたい」といった気持ちにもなりやすいのではないでしょうか。

好きな人がやたらと尽くしてくれる。親以外にこんな風に優しくされたことがない――そう思うことがあるなら、男性はあなたとの結婚を視野に入れているからかもしれません。

好きな人の味方になるということは、たとえ世間体が悪くても、相手が周りから何か言われていても、相手のために尽くしてあげることだと思います。

そんな風にできるのは、好きの気持ちがそれだけ強いからであり、それだけの代償を払える相手ということで、存在感が強いはずです。

自己犠牲を厭わない

「結婚する」ということは、「相手と生涯を共にする」ことです。

「生涯を共にする」ということは、「相手と人生を寄り添って生きていく」ことですよね。

相手が望むことはできるだけ叶えてあげたいと思うでしょうし、最善の道を選ぼうとするでしょう。

それこそ、相手が臨む場所で仕事をするとか。そのためなら、仕事を変える覚悟も持てるとか。

たとえ自分の時間、生活に犠牲を払ってでも、ふたりの関係を持続させようとするのが、本当の運命の相手ではないでしょうか。

より身近なことでいえば、仕事で忙しい合間を縫ってでも会いに来てくれるとか。お金もないのに、奢ってくれたり、プレゼントをしてくれたりするとか。

ふたりの関係を繋ぎ止めるなら、手間暇を惜しまない男性が、まさに本命相手の行動だと思います。

愛を伝える言葉がある

運命を感じるほど、結婚したい相手となれば、できるだけ相手を自分の傍に置いておきたいと思うでしょう。

人によっては、独占欲が湧き出てきたり、束縛したい気持ちが強くなったりするかもしれません。しかし、愛情が本物であるほど、相手の嫌がることはしないはず。

代わりに、「一緒に行こうか?」「迎えに行くよ」とか「プレゼントするよ」「好きだからさ」など。

進んで、前向きに好きな人のためにする言葉や行動が必ずあると思います。

なかなか「大好き」「愛してる」といったストレートな言葉は聞けないかもしれませんが、代わりとなる愛を伝える言葉が、男性なりの愛情表現ではないでしょうか。

運命の相手がいるのなら…

好きな人と結婚したい――そんな気持ちが高まったら、男性も好きな人を前にして言動に変化があると思います。

運命の恋をものにして、好きな人と少しでもいい関係になれるといいですよね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)