彼女からの質問

あんなに仲良しだったのに、とあることがきっかけで破局するカップルも珍しくないもの。

ラブラブ交際から一転、関係が一瞬で壊れるなんて悲しすぎますよね。

でもそれくらい彼らからすると「もうムリ!」と拒否反応が出てしまったみたい。

そこで今回は「別れの引き金になったNG言動」についてご紹介します。

うまくいっていたのに…別れの引き金になったNG言動

アポなし訪問

「以前元カノがアポなしでうちに来たときはビックリした。しかも勝手に来たくせに『女は連れ込んでいないみたいだね』とか言っていてドン引き。こっちは仕事で疲れているのに勘弁してよって思った。

友達にこのことを話したらみんな『マジありえない!』『彼女面倒くさくね?』って言っていたので、大抵の男はアポなし訪問は嫌がると思う」(30歳/エンジニア)

サプライズのつもりで突然やってくる女性もいますが、完全に逆効果。

彼からすると信頼されていないようで複雑だし、何より連絡ひとつしてこないなんて非常識に感じさせるでしょう。

これを機に別れを考え出す可能性もゼロではないですよ。

試すような言動が多い

「『別れたいって思ってる?』『もし私が浮気したらどうする?』など、試すような言動が多かったこと。

最初は『別れたいなんて思ってないよ』とたしなめていたけれど、だんだんウザったくなっちゃって。最終的に彼女への愛情が冷めて別れました」(25歳/営業)

愛されている実感が欲しくて、つい彼を試してしまう人もいるでしょう。

でもよほどの忍耐力がないと、あまのじゃくな彼女を扱うのは困難かもしれません。

また彼に浮気疑惑をかけ続けると、本当に浮気率ってアップしてしまうんだとか。

うるさい彼女に冷めるし、「どうせ信用してもらえないなら浮気しても同じでは?」と気持ちを助長させてしまうようです。

不安になるのもわかりますが、彼を信用することも長続きのコツですよ。

話を最後まで聞かない

話を最後まで聞かない

「俺が喋っていると、途中で遮ってくるのがイヤでしたね。
しかも自分が話を聞いていないだけなのに、『何で言ってくれなかったの?』と俺のせいにされてかなりイラっときました」(27歳/通信)

何でも自分の話に持っていく。途中で遮る。否定系で返す……など。

話を最後まで聞かない彼女とは、一緒にいてストレスが溜まるもの。

そのうち会うことすら億劫になってしまうかもしれません。

交際初期は気を付けて彼の話を聞いていた人も、だんだん地が出てしまいがち。

彼の意見も尊重しつつ、常に対等な立場をキープしたいですね。

愛情を持って接していれば、いずれ自分に返ってくる

自分の言動が原因で別れることになるなんて、後悔してもしきれないですよね。

「自分がされてイヤなことはしない」を徹底しつつ、最低限の気遣いは忘れないようにしたいところ。

それだけでお互いを思いやった順調な交際がしやすくなりますよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)