「相性が良いな」と感じる彼とは、将来をイメージしやすいですよね。男性も同じです。

彼らが思う「相性」とは、ふんわりした雰囲気だけでなく、「合うなあ」と感じる具体的なポイントがあるんです。

「ずっと一緒にいたい」「彼女とつき合えてよかった」と、彼らが心から感じる瞬間とはどんなときなのでしょうか。

男性が「相性の良さ」を実感するのはどんなとき?

金銭感覚がピッタリ

「付き合う上で、金銭感覚って大事。
デートのとき、自分はちょっと背伸びしたお店のつもりでいたのに『カジュアルだね』と言われたりすると『長く付き合うのは厳しいのかな』と思います。自分の金銭感覚のままでストレスを感じない子がいい」(26歳・男性)

「まずお金なの?」と思うかもしれませんが。金銭感覚が合うことで、相性のよさを実感する男性は、たくさんいます。

「将来を考える」「安心する」といった意見が多く「この先長く付き合えるか」の判断基準にもなるようです。

今の彼との結婚を視野に入れている人は、早い段階で彼との金銭感覚を照らし合わせておいた方がよいのかもしれませんね。

食の好みが合う

「一緒の食事が楽しいとか、食べ物の好みが合うって大事だと思う。偏食で食べれるものが少ないとか、食べる量に差がありすぎるとか、そもそも食に関心がない子は、少なくとも僕は無理です。

食事は毎日のことだから、好みが合えば普段の生活も幸せだし、合わない人とは長く一緒にいられないんじゃないかな」(32歳・男性)

食の好みと相性をイコールで結びつける男性の声をよく聞きます。

食事の時間の楽しさ、おいしさを共有できる関係は、一緒に過ごす時間の満足度を大きく上げます。

普段のデートでも「おいしい」「楽しい」気持ちを素直に表現することで、「自分たちは相性がいい」と感じてもらえそうです。

会話も沈黙も心地いい

「話していると楽しくて何時間も過ぎちゃうけど、黙っていても別に気まずくなくて癒やされる。
そんな子がいたら、めちゃめちゃ相性がいいんだと感じて、逃すもんか!と思いますね」(28歳・男性)

「彼のことは好きだけど、何を話していいかわからない」「沈黙が気まずくて、話さなくてもいいようなことを話してしまう」など、「好きだけど話が合わない」カップルもいるんです。

それだけに、何を話しても話さなくてもよくて、黙ってただ一緒にいるだけでも心地よい……。

そんな女子に相性の良さを感じる男性が多いですよ。

お互いに趣味がある

「趣味が同じだと、デートも楽しいですよね。前の彼女とは、夏フェスに何件も一緒に行きました。別れちゃったけど、それはすごくいい思い出なんです。

違う趣味でも、同じような熱量でそれぞれに打ち込めることがあるといいかも。お互いの知らない世界を見せあえる仲って、ずっと新鮮でいられますよね」(25歳・男性)

趣味そのものが出会いのきっかけになることもありますし、趣味を持つカップルは「一緒に過ごす時間が自然と楽しく感じる」「話題が尽きない」なんて意見も多いです。

逆に、無趣味と多趣味のカップルは、恋愛への熱意にも差が出やすく、「浮気では?」「趣味と私のどっちが大事?」など、ぎくしゃくしやすい一面も。

「どんな趣味」というより、好奇心の度合いがあっているのが大事なのかも。

相性が良い=お互いストレスフリー

あなたが相性のよさを感じた際には、自然とその気持ちがシンクロしている可能性大!

心がほっとして、リラックスできる瞬間をたくさん見つけ、彼との仲をよりいっそう深めていきましょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)