気になっている男性が年下の場合、好意を見極めるのって難しいですよね。

でも、あなたに対する行動をチェックすれば意外と見極めは簡単です。

そこで今回は、「年下男性」が見せている脈アリ行動を紹介します。

好きサインです!「年下男性」が見せている脈アリ行動

「タメ口」を織り交ぜてくる

「仲良くなりたいときは、先輩だとはわかっていても、軽くタメ口を使うかも。ずっと硬い感じだと、一向に仲良くなれる感じはしないので……」(26歳/男性/出版)

年上の女性には敬語を使うものでしょうが、ずっとそのままだとなかなか距離が縮まりません。

そのため、少しずつタメ口を織り交ぜて、親密さを自ら演出していくというケースもあるかも。

ほかの年上女性には敬語なのに、あなたにはタメ口を使うのであれば、あなたのことを特別な存在として意識しているのでしょう。

「デキるところ」を見せたがる

「仕事ができるってところは見せたいって思いますね。年下だからって、未熟だって思われちゃうのは絶対に嫌ですからね」(25歳/男性/販売)

好きな女性に「いいところを見せたい」という思いになるのは、男性みんなに共通すること。

年上の女性に対しては、とくに“デキる自分”を見せようとしたがる思いが強くなるようです。

「年下だからってナメられたくない」という思いや、「一人前だと認めてほしい」といった気持ちが、そこには表れているのでしょう。

「年上好きアピール」をする

「年上の女性が好きなので、それはきちんと伝えるようにしています。まずはそれが一番のアピールになるかな…と思っているので」(27歳/男性/IT)

「年上の女性が好きなんです」と言うのは、年下男性が見せる典型的な脈アリ行動。

あなたのことを恋愛対象として見ているし、自分も恋愛対象として見られたいというアピールのひとつです。

みんなで恋愛トークをしているときなどではなく、2人きりのときなどに言ってくるのなら、それはもう確実にあなたにアプローチをしているのでしょう。

対等に接してきてくれる

「年齢なんてどうでもいいと思っているので、一切気にならないですね。好きという思いが一番なので、年齢差は何の問題にもなりません」(25歳/男性/音楽関係)

好きになったら、別に年齢なんて気にしないという男性がほとんどです。

年齢差なんてまったく関係なく、あくまでも対等に接してきてくれるのは、本気であなたを思っている証拠。

年齢差による価値観などの違いも、それはそれで楽しんでくれるような男性は、とにかくあなたと過ごせる時間がうれしくて仕方ないのでしょう。

年齢はただの記号かも?

相手が年下であっても、年齢はあまり意識しすぎないほうが、恋愛はスムーズに進めていけるでしょう。

脈アリのサインにちゃんと気づいて、身構えずに距離を縮めていけば、自然と恋はスタートするはずですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)