男性は、溺愛する女性に対してどんな態度をとるでしょう?

この記事を読んでいる方の中には、もしかしたら「長男は控えめで、真ん中っ子はストレートに迫り、末っ子は甘えてきて……」と、イメージを膨らませている方もいらっしゃるかと思います。

では実際のところはどうなのか……今回は「末っ子」に的をしぼって、「溺愛している女性に無意識に見せるサイン」をご紹介いたします。

末っ子男性が「溺愛している女性」に無意識に見せるサイン

自分がモテるのをこれみよがしに見せる

末っ子男性は女性に甘えるのが上手なため、ほかの男性よりも比較的モテる傾向にあります。

愛想がよくプレイボーイなので、人によっては、いつも女性にちょっかいをかけているような印象を持っているかもしれませんね。

実際、ムード作りも上手です。

そんな末っ子の男性は、八方美人で優柔不断なところもあるため、誰か一人に決めるのが苦手……しかも、本当に惚れている女性の前では、自分がモテている姿をこれ見よがしに見せつけるところもあるようです。

そうして、ヤキモチを焼かせようとしているのです。末っ子なりの溺愛サインだと見抜ければ、彼を落とせる日も近いでしょう。

誘われたら絶対に断らない

 
末っ子男性は、天真爛漫で自分の感性を信じるタイプ。

そのため「好き!」と感じると、素直かつ大胆にアプローチしていくでしょう。時としてその行動力が周囲の人達を驚かせることも。

でも基本的には、自分から誘う勇気はありません。常に待ちの姿勢を崩さないでしょう。

そこで、女性側がほんの少しプッシュしたときに、彼の本音が表れます。

本気で溺愛している相手の誘いなら、絶対に断りません。それが彼なりの答えなのです。

具体的なほめ言葉をくれる

末っ子男性は、女性のテンションを上げる達人。

LINEでも「かわいいよね」「モテるでしょ?」などと、ほめ言葉を連投してくるでしょう。

でも、その裏側では「好き」という気持ちが渦巻いていることが少なくありません。ストレートに言えないからこそ、遠回しに伝えているのです。

「髪型変えて垢抜けたよね」など具体的に答えられるような返答がきたら、ほぼ間違いなく溺愛しているサインです。

ほんの少し気まぐれな態度を取る

末っ子男性は、人から好かれる純粋さを持っています。

いわゆる恋多きタイプでもありますが、パートナーに対しては独特のこだわりを持っていることも多く、束縛されるのを嫌う反面、相手に対してはかなりの支配欲があるのです。

ワガママで矛盾していますが、そういった二面性が彼の魅力でもあり、そういう性格が異性を虜にするところでもあるのです。

それを知ってか知らずか、彼は溺愛している女性には、まるで猫のような気まぐれな態度を取ってしまうのです。

そうして、相手の本心を探ろうとしているのです。

末っ子男性の性格は…

末っ子の男性は、好きな女性を前にするとかなりテンションが高くなり、いつにも増して愛想よく振る舞うところがあります。

本来は甘えん坊な彼が、一生懸命親切にしてくれるとすれば、それは溺愛のサインでしょう。

とくにわかりやすいのが、LINEです。興味のある女性には、かなり丁寧に、LINEの回数も多くやりとりをします。

そのやり取りにしっかり付き合ってくれる女性にこそ、彼の心は惹かれるのかもしれません。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)