男性の前では、上品でおしとやかな女性でいたい……。

そんなふうに思っていても、ありのままの自分がふとした拍子に出てしまうことは珍しいことではありません。

今回は、気をつけていても思わず出てしまう“言葉づかいの悪さ”に注目!

男性が「この子頭悪そうだな」と思ってしまう、女性の下品な言葉づかいをご紹介します。

男性から「頭悪そうだな…」と思われる下品な言葉づかい

「オマエさぁ……」

女性からの「オマエ」呼ばわりに嫌悪感を抱く男性は、意外と多いようです。

「昔付き合っていた彼女とケンカになったとき、その彼女から『オマエさぁ……』と言われたんです。
その瞬間、僕の中で何かがプツンと切れてしまって、彼女への気持ちはゼロに。

ケンカしていたとは言え、相手に向かって『オマエ』という言葉を使うような女性とは付き合う気になれません。すごく下品だし、そんな人に彼女でいてほしくないと思うので」(28歳/会社員)

友だちとの間で、調子に乗って相手に向かって「オマエ」という言葉を使うクセがある人は要注意!

「オマエ」という言葉が出るだけで引いてしまう男性もいるので、普段から「オマエ」というワードが出ないよう気をつけましょう。

「それな!」

学生や、20代前半くらいまでの人たちの間でよく使われている「それな!」という言葉。

社会人になってもこのような言葉を使っている女性に対して、男性からの目は想像以上に冷ややかなもののようです。

「大人になっても、学生が使うような言葉を使っている女性って、頭が悪そうに見えてとても恋愛対象にはなりません。
先日の飲み会にいた女性が、やたらと話の合間に『それな!』と言う人だったのですが、語彙力のなさにドン引きしてしまいました」(29歳/自営業)

学生が使っているような言葉は、学生だから許されているようなものも多いもの。

大人になってからも使い続けていると、周囲に嫌悪感を抱かれるケースも……。

恋愛チャンスを逃さないためにも、年相応の言葉遣いができるようにしておきたいですね。

「パねぇ」

「パねぇ」

「小学校から男女で仲のいいメンバーがいるんですが、そのうちの一人が、ふとした会話の流れですごく自然に『パねぇ~!』と言ったんです。

いや、ほかに言い方あるでしょと思ったし、『あー、こんなんだからこいつはいつまでたっても彼氏ができないんだ』と思ってしまいました」(31歳/営業)

言葉をかなり省略した「パねぇ」などの言葉を、当たり前のように使っていると、男性は「ほかに言い方ないの?」「なんか、頭悪そう……」という印象を抱くようです。

ふとしたときに出てしまわないよう、「すごいね!」「びっくりする!」など、日ごろから違う言葉で表現できるようにしておきましょう。

言葉づかいには気をつけて

どんな言葉づかいをしているか、男性は意外と気にかけているようです。

急接近できそうな男性がいても、下品な言葉づかいをしているとチャンスを逃してしまいかねません。

チャンスを確実にモノにするためにも、普段から下品な言葉づかいになっていないか意識して過ごしてくださいね。

(愛カツ編集部)