男性からもてはやされている若い女性を見ると、恋愛はやっぱり若い子のほうが有利!と思ってしまいますよね。

でも実は、「年上女性にドキドキする!」という男性も少なくないようです。

そこで今回は、“年上女性のギャップ”にキュンときた瞬間を、20代男性にお聞きしました。

20代男性に聞いた!「年上女性のギャップにキュン」ときた瞬間

お嬢様タイプなのにおじさん趣味

「営業の取引先で出会った女性は、とても綺麗でまさにお嬢様といった感じの雰囲気でした。後日お茶をする機会があり、趣味について尋ねてみると、意外にも釣りとゴルフが好きと聞いてびっくり。

正直、見た目からは全然予想もしていなかったので、いい意味でギャップを感じました。釣りをしている写真を見せてもらうと、かなり本格的で、好感度が高かったですね」(25歳・男性・会社員)

見た目では、その人がどんな趣味を持っているかはわからないもの。

アラサーだから、女性だからといって、趣味が限定されるわけではありません。

ちょっと変わった趣味があるとしても、自分が心底楽しんでいるなら、自信を持って、その楽しさを伝えてみてください!

おとなしいのに歌がめっちゃ上手

「見た目も地味で、職場でもあまり目立たないタイプの先輩がいます。ある日、その先輩が音楽をやっていることを聞いて、カラオケに誘ってみたんです。

実際に歌声を聞いてビックリ!ラブソングもロックも、物凄く上手で、普段の地味な先輩とは思えないほど、歌声に魂がこもっていて……。歌っている姿に見とれてしまい、もっと先輩のことを知りたくなりました」(23歳・男性・会社員)

普段のイメージからは想像もつかない相手の姿を見ると、強烈なギャップを感じるものです。

もしあなたに「意外」と言われる特技や趣味があるなら、ギャップ効果が期待できるかも。

気になる年下男性に、いざというときに披露してみるのはいかがでしょうか!

明るく元気なのに気にするタイプ

「僕の職場には、いつも明るく元気な先輩がいます。『まぁいいじゃーん!』みたいな軽いノリも多くて、悩みがないタイプだと思っていました。

でも意外に繊細なところもあるのか、周りの人から少しノリの悪い反応が返ってきたときなんかは、『○○ちゃん怒ってないかな?大丈夫かな?』なんて、コソっと僕に耳打ちしてくるんです。元気な姿も可愛いけど、しおらしいところにキュンとしてしまいますね」(24歳・男性・会社員)

どんなに明るく元気で前向きな人でも、やっぱり落ち込んだり、周りからどう思われているかが気になったりするものです。

そんなときは、遠慮なく気になる彼に相談してみてはいかがでしょうか。

彼から「そういうこと気になるなんて意外!」と言われると、ちょっぴり傷ついてしまうかもしれませんが、ギャップの魅力が発揮されている証拠でもありますよ!

ギャップ=自分らしさかも?

ギャップとは、相手が思い浮かべているイメージと現実の差。

言い換えれば、見た目や先入観に左右されない自分らしさこそ、ギャップの魅力なのかもしれませんね!

自分らしい魅力を大切していれば、きっと年下の男性から見ても、素敵な女性でいられるはずです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)