付き合う前のデートで手を繋ぐのってありだと思いますか?

「もうこれは告白されるな」という雰囲気があれば、ありかもしれませんが、そうでないとちょっと驚いてしまいますよね。

ではなぜ?男性は付き合う前から手を繋ごうとしてくるのでしょうか。その心理を解説します。

好きってこと!?付き合っていないのに手を繋ぎたがる男性心理

付き合いたい

「雰囲気で『もうこれ付き合ってるも同然』ってわかることある。そういうときは、告白をすっ飛ばして付き合いたいと思うんです。その意思表示として手を繋ぐことはあります」(25歳/ゲーム)

告白って絶対にOKされると確信していても、緊張してしまうもの。

だからこそ、男性もできればなしで済ませたいと考えることがあります。

そんなときのサインとしてわかりやすいのが手を繋ぐことです。

愛情表現として、「もう恋人と同じ気分だよ」と伝えようとしてくれているのです。

脈ありか確認したい

「付き合いたいけど、相手の気持ちに自信がないときに、手を繋ぎたい雰囲気を出して様子見をします。手を繋ぐのを嫌がられなければ脈ありかなって」(32歳/教育)

好きでもない人とは、手を繋ぐのは嫌ですよね。その判断基準として、手を繋ぐという行為を使う男性もいます。

もし手を繋いでくれたら脈あり、手を繋ぐのを避けられたら脈なし。ある意味わかりやすい指標です。

付き合う前のデートで男性が手を繋ぎたそうな仕草をしてきた場合、交際してもOKならば、素直に繋げば、関係が早く進展するかもしれませんよ。

単に距離感が近い

手を繋ぐときの男性の気持ちは?

「僕の場合は友達でも気分が上がったら手を繋ぎたくなる。女姉妹ばかりだったたので、女性と手を繋ぐことに何も感じない。もっと仲良くしたいなって思ったら、繋いじゃう」(26歳/アパレル)

こういうタイプの男性がいちばん見極めにくいですよね。

ポイントは、周りに女友達がたくさんいるのかと、仲のよい姉妹がいるのかどうか。

もし両方に当てはまるなら、手を繋ぐことにあまり特別な意味を感じていない可能性があります。

おわりに

付き合う前デートで手を繋げたら、そのまま恋人になれるはず!と思う女性も多いと思います。

しかし、実際にはそうでない場合もあります。

手を繋がれたら、他の脈ありサインを出していないかしっかり見定めてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)