男性との距離を縮めるのに効果的と言われる、ボディタッチ。しかし、ただ触ればいいというものではありません。

ボディタッチの仕方によっては、逆に男性との距離を遠ざけてしまうこともあります。

今回は、男性が嫌がるボディタッチのしかたをまとめてみました!

気をつけて!男性が嫌がるボディタッチのしかた

やたらと叩く

「女友だちからのボディタッチがとにかく痛い!『おはよう!』とか『今日元気ないじゃん?』って言いながら、本人は軽いタッチのつもりらしいけど、叩かれてる感じ。もうちょっと加減してほしい」(21歳/大学生)

ボディタッチのタイミングはとてもうまいのに、力加減が残念というパターンもあるようです。

ボディタッチのときは、優しく力を抜くことを意識してみるとよさそう。

ポンっと軽く触れるようにして、相手の反応をチェックしてみてくださいね。

必要以上にベタベタ触ってくる

「付き合っているわけでもないのに、やたらベタベタ触ってくる子は苦手。手をつないだり、腕を組んだりは、彼女としたい。積極的な子は嫌いじゃないけど、ボディタッチはもう少し考えて」(25歳/医療系営業)

ただたくさん触ればいいわけでもないのが、ボディタッチの難しいところ。

彼との距離感を見極めて、これぐらいなら大丈夫かな?という線引きが必要のようです。

特に、手や腕をつなぐようなボディタッチは、付き合っていないときは控えるのが無難。彼のほうから手をつないでくれるよう、まずは関係を構築していきましょう。

タイミングが悪い

ボディタッチのNG例は?

「会社の先輩がやたらボディタッチしてくる。上司とかがたくさんいるところでも平気で頭をポンポンしてくるので、リアクションに困る。雑談のときならいいけど、仕事で真剣なときはさすがに考えて欲しい」(24歳/食料品メーカー)

ボディタッチをするときは、周囲の状況やタイミングにも注意が必要です。

その場の雰囲気や彼の感情次第では、ボディタッチをすることが逆効果な場合もあります。

カジュアルなシーンやリラックスしているときに、さりげなくタッチしてみてくださいね。

効果的なボディタッチで彼と親密な仲になろう♡

ボディタッチ初心者は、「おはよう」や「バイバイ」のタイミングで、軽く肩や腕にタッチするのを目標にするのがオススメです。

今回の記事で紹介したように、トゥーマッチなボディタッチにならないよう注意しましょう。

効果的なボディタッチは、2人の距離を縮めてくれます。彼とより親密になれるよう、試してみてくださいね♡

(愛カツ編集部)