年下の男性のことが気になってしまうこともありますよね。それが、5歳以上も離れていると、どうせ無理だと諦めてしまうかもしれません。

でも、そんな男性を振り向かせる方法もあります。男性たちの意見をもとに、その効果的な方法について紹介していきます。

これは効果的!「5歳以上年下男子」を振り向かせる方法

酔っているときに弱みを見せる

「職場の飲み会があって。普段、あまり話さない先輩の女性社員の隣になったんです。その先輩が、ペットが死んで寂しいと言い始めたんですね。そのペットがハムスターで、2年くらい飼っていたんだそう。悲しんでいる様子が、可愛く見えました」(27歳/保険)

職場の歳の離れた先輩となると、かなり距離を感じる存在です。でも、弱みを見せられると、心を開いてくれている感じがします。

距離も縮まったように思える。しかも、お酒に流されている様子なども、隙があるようで年下男性には好印象です。

「実は頼りにしている」と伝える

「職場の10歳ぐらい上の先輩の女性社員と、お昼を一緒に食べる機会がありました。仕事ができる人なので、早く自分もそうなりたいと、素直に伝えたんです。すると、『実は頼りにしている』と言われ、肩をポンと叩かれて。不覚にもときめいてしまいました」(24歳/食品)

女性に頼りにされるのは、男性にとって嬉しいこと。しかもそれがかなり年上の女性からなら、しっかりしているイメージがあるので尚更でしょう。

男性も少しでも力になりたいと、奮起するはず。そして、自然とその女性は意識する存在となります。

LINEを誤送信してドジな一面を

「飲み会で知り合った女性がいて。僕よりもかなり年上だったんですね。その人から突然LINEが来ました。おそらく、誰かと間違えて送ったような内容でした。それを返信して伝えると、すごく慌てて『ごめんなさい!』と。本当に恥ずかしがっているようで、可愛いと思いました」(25歳/金融)

女性のドジな一面は、男性にとって可愛いく映る場合があります。相手が年上の女性だと意外性もあり、ドキッとすることも。

例えばLINEの誤送信などは、ありがちなパターン。送ったあとに大袈裟にフォローなどしてみると、余計可愛らしく感じるかもしれません。

急に冷たくして距離を取る

「もともとバイトの先輩で、仲良くしている女性がいました。辞めてからも、よく飲みに行ったりしていたんですが、あるときから急に素っ気なくなったんです。理由は、彼氏ができたからでした。普通の友だちに冷たくされるより、寂しく感じましたね」(24歳/介護)

男性にとって、自分よりかなり年上の女性と親しくなるという機会は意外に少ないもの。故に、年上女性は貴重な存在なのです。

だから、距離を置かれるのは余計に寂しい。手放したくない……という感情が湧き上がることもあるでしょう。

おわりに

気になる男性がかなり年下でも、すぐに諦めてしまうのはもったいない。

まず、こういった行動に対する相手の反応を見て、好感触を得たのならさらに距離を縮めてみるといいでしょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)