気になる男性とデートをしていてもなかなか告白してくれなかったり、進展する気配がなかったりして、不満を抱くこともありますよね。

そんなときは、デート中に彼をドキドキさせる方法を使って距離を縮めてみてください。

今回はすぐにドキドキさせる方法を集めてみました。実践してみてください。

テクニックはいらない!男性を自然とドキドキさせる些細な方法

暗い場所で2人きりになる

かなり古典的なテクニックですが、暗い場所で2人きりになると男性はドキドキします。

たとえば、夜の車内や電気を消して映画を見ている部屋、夜の河川敷などが当てはまります。

暗い場所だと相手のことが見えにくくなるので、自然と距離感も近くなりやすいですし、積極的になりやすいといえます。

彼が車で家まで送ってくれたときに「ちょっとお話して行こうよ」と言ってみたり、「お散歩しない?」と夜の河川敷を2人で歩いてみるといいかもしれません。

男のアプローチを受け入れる

男性は女性にアプローチを仕掛ける前、拒否されたらどうしようと思っています。誰だって好きな人から拒絶されたくないですよね。

だからこそ逆に、男性のアプローチをなんの抵抗もなく受け入れてくれるとドキッとしてしまいます。

例えば、男性がイチャイチャしてきたときに「それはまだダメ」と一旦断ってあげて、それなりの関係が築けてきたなと思ったときに「いいよ」と言ってあげるとかなり効果的といえるでしょう。

最初から男性のアプローチをすべて受け入れてしまうと軽い女性と思われてしまうので気をつけてください。

受け入れる部分と焦らす部分を上手く使うことが大切です。

話の流れでボディタッチ

話の流れでボディタッチ

ボディタッチをするのは恋愛テクニックの1つですが、あからさまにボディタッチをしても引かれてしまうことがあります。

そのため、話の流れで自然とボディタッチをしてあげることが大事。

たとえば、「ねえねえ」と言いながら男性の肩をツンツンしてあげたり、人混みのなかで「はぐれないようにしないとね」と言って手をつないだりするといいでしょう。

お酒に酔ってボディタッチをするのもいいですが、日常的なさりげないボディタッチが男性のふいをつくのでおすすめです。

ふいに距離を縮める

ふいに距離を縮めるのも男性をドキッとさせる恋愛テクニックです。

例えば、スマホで写真を撮ったときに「見せて」といって彼のスマホを覗き込むようにして距離を縮めてみたり、体調が悪そうな彼に「熱あるんじゃないの?」といって彼のおでこを触ってみたりするといいでしょう。

こうすることで、恋人の距離感になるので男性をドキッとさせることができます。

まとめ

好きな女性とプライベートな空間や恋人の距離になったときにドキドキします。

そのことを覚えておくと、デートでさりげなく使えることでしょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)