好きな人ができると、「私って、彼のタイプかな?」と気になることもあるでしょう。

誰しも好みのルックスや性格があるものですからね。

ただ、男性の声を聞いていると、タイプじゃない女性と付き合うケースも多いようです。

本記事では男性が「タイプじゃない女性」に惚れたきっかけを調査してみました。

気になる彼にアプローチするためのヒントにしてみましょう。

気づいたら大好きに…!男性が「タイプじゃない女性」に惚れたきっかけ

話題が尽きない

「前に顔がタイプな女の子と付き合ったけど、デートが気まずくて……それから会話の相性も大切にするようになりました」(20代男性/塾講師)

共通の話題があったり、些細なことも共感し合えたりすると、一緒にいる時間が楽しくなるものです。

連絡やデートが続くきっかけも生まれやすくなります。

ルックスがタイプだとしても、趣味や価値観が一致するとは限りません。

交際するとなると、やはり自然体で話題が尽きない関係性の方が気持ちが楽。

結婚を視野に入れている男性ほど、こうした「内面の相性」に目を向ける傾向があります。

自分に好意を寄せてくれている

「脈アリな女の子と一緒にいると気分が良くなるじゃないですか。気づいたら自分の方が好きになっていました」(20代男性/公務員)

一方的に女性を追い続ける恋愛は辛いもの。

美人で高嶺の花な女性よりも、手が届きそうな相手の方が付き合う確率は高いです。

また、男女ともに「自分に好意を寄せてくれている」と自覚すると、同じように相手を意識する心理があるみたい。

もちろん、押しが強すぎると多くの男性は驚いてしまうでしょう。

ですが、ある程度は分かりやすく好意を示した方が、恋愛が進展しやすくなります。

男性が「アプローチしたら上手くいくかも」と思えるようなやり取りを増やしてみましょう。

女性から笑顔で話しかける

「いつも彼女から話しかけてくれて、笑顔が眩しくて……彼女からアプローチしてくれたおかげで今付き合えています」(30代男性/医療)

偶然の出会いや男性からのアプローチを待っているだけだと、恋愛のチャンスはグンと減ってしまいます。

男性から告白されやすい女性の多くは、自分からも行動しているみたい。

笑顔で話しかけるだけでも、男性はアプローチするきっかけが掴めて、恋愛が楽になるのだとか。

また、素敵な男性ほど他の女性が狙っているかもしれません。

誰かといい感じになってしまう前に、思い切って自分から話しかけてみましょう。

会う頻度が高い

「彼女とは同じ仲良しグループの一人でした。最初は何とも思っていなかったけど、なぜか段々と惹かれていったんです」(20代男性/建築)

心理学の話ですが……できるだけ簡単に説明すると、「単純接触効果」といって、人には「何度も顔を合わせていると相手への愛着が湧く」という心理があります。

もっと簡単に言うと、顔を合わせたり、話したりする機会が多い相手には親近感を持つ、ということですね。

つまり、長い時間のデートを少ない回数するよりも、短い時間のデートや会話をたくさんした方が、心の距離は縮まるということでもあるのです。

「単純接触効果」をより上手に使うには、「挨拶」や「軽い雑談」などの些細なアクションで印象付けることがポイント。

積極性のある女性は自然な流れで接触回数を増やすため、男性から好かれやすくなります。

片思い中は「あまり喋れなかった…」と落ち込むこともありますが、笑顔で明るい印象さえ与えられればOKですよ。

タイプじゃなくても恋愛対象になる!

恋愛するうえでは、「髪型」「メイク」「ファッション」などを彼のタイプに合わせる努力も効果的。

しかし、実際に交際しているカップルの全てが「ルックスの好み」で付き合っているとは限りません。

また、「強い女性が好き」「ぶりっこな女性が好き」と思っていたけど、意外と別の系統の女性と付き合った方が上手くいった…なんてこともあります。

ぜひ今回ご紹介した女性の特徴を取り入れつつ、あなたらしい魅力を活かしましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)