女の子のオナニー

「え?女性もオナニーするの!?」なんて思う人もいると思います。

答えは「YES」です。女性でもオナニーします。

「オナニーしている、私って変なのかな…」なんて思う女性の皆さん。

そんなことありませんよ。安心してくださいね。

今回はそんな「女性のオナニー事情」を恋愛メディアの愛カツが、こっそりと紹介します。また、「男性にオナニー事情を聞かれた時の対処法」も伝授しちゃいます!

女子のオナニー経験率は?

女の子のオナニー

男性がオナニーをするのは一般的で、調査結果では9割以上の成人がオナニー経験ありと言われています。一方で、女性についてはなかなか話題になりにくいもの。

今回は、実際にどれくらいの割合の女の子がオナニーをしているのか、各種調査結果をもとにご報告します。

女子の6・7割がオナニー経験あり

女子のオナニー経験

日本家族計画協会の2013年の調査によると、実に女性の62%が「これまでにオナニーをしたことがある」と回答しています。

また、AVを発売する民間会社が独自に行った2010年の調査でも、「オナニーをしたことがある」と答えた人が60.4%いました。

また、10代から30代など比較的若い女性を対象にした調査では、70%以上が「したことがある」回答したものもあります。

女性の2人に一人は「オナニーをしている」という結果になりましたね。

この結果からもわかるように、女性のオナニーは別に珍しいものではなく、ほとんどの人がしているということです。

なので、恥ずかしがることや、ましてや不安がることはないと言えます。

【▼おすすめ記事】女性がオナニーで欲求を満たしたくなる時期とは?

女性がオナニーで欲求を満たしたくなる時期女性でもムラムラすることがあるんです!
今回は、女性がオナニーで済ませてしまうほどセックスしたくなる時期をご紹介します。

オナニー経験率は年々減少傾向?

6割以上の女性はオナニーの経験あり

日本性教育協会が調査している結果には「女子のオナニー経験率が低下している」という結果もあります。

日本性教育協会が、大学生を対象にほぼ6年ごとに行っている「青少年の性行動全国調査」の2011年版では、大学生女子のオナニー経験率は40.0%(大学生女子の回答数は1115人)に留まっています。

前回の2006年調査では経験率が50.4%でしたので、この5年で1割近く、オナニー未経験者が増えていることになります。

女性がオナニーをしなくなった理由には、エンターテインメントで溢れかえっている現代で「女性が性に関する興味・関心が薄れてきている」という可能性があると言われいます。

女子のオナニー頻度は?

女性では週1以上のオナニーが約半数

調査では「オナニーをしたことがある」と答えた人に、さらに「過去一年以内にオナニーの経験があるか」と質問をしています。

すると、40歳以下では90%以上の人が「はい」と答えました。

中には「したことはあるが、気持ちよくなかった」という経験者もいますが、ほとんどの人が定期的に行っていると考えられます。

その頻度は、年齢が若いほど高く、20歳代では週1回以上行うと答えた人が4割を越えました。また、ananの調査では72%の人が週1回以上行っています。

調査によって、数値にブレがありますが、おおよそ半数程度の女の子は週1回以上、オナニーをしていると考えていいと思います。

女子の初オナニーの時期は?

女子のオナニー、中高生で初経験

女子の初オナニーは中学生!?

日本家族計画協会の調査では、オナニーを初めてした年齢が「20歳未満」と答えた女性が72.6%でした。

中でも、性欲が高まってくる中学生や高校生のときに、はじめてオナニーをしたという女の子が多いようです。

ananの調査では、初めてオナニーをした平均年齢は14.1歳という結果でした。

【▼人気の記事】「もっとキスしていい?」彼がエッチなキスをしたがる理由とは?

彼とエッチなキスをする秘訣彼とエッチなキスをする秘訣
男性がキスしたくなる瞬間、キスをするときに気にしていることと共に秘訣を紹介します!

オナニーよりも初エッチが先!?

一方で、20歳以上になってからオナニーを経験する女性も一定数います。

調査では『したことがない』と回答した人で、「してみたい」と答えている人もおり、ある程度年齢が上がってから初めてオナニーを経験する人もいるようです。

また、前述したananの調査では、オナニーを経験した人で初体験後の人も37%を占めていました。初めてエッチをしてから、オナニーの経験する人もそれなりの割合でいます。

オナニー時に絶対やっちゃダメなこと

オナニー時に絶対やっちゃダメなこと

興味本位に初めてしまったオナニーが実は、体にとても負担になっていたり、あとあと大好きな人とのエッチで気持ちよくなかったりしてしまうことがあるんです。

オナニー時に絶対にしてはいけないことを確認しておきましょう!

押し付けオナニー

オナニーのときに、性器に物を押し付けて気持ちよくなるオナニーです。

例えば、布団やクッションを足に挟んで押し付けたり、うつぶせになってベットに押し付けてりすることです。この方法でオナニーを覚えてしまうと、通常のエッチでイクことができなくなる恐れがあります。

「物が当たるのが気持ちい……」と興味本位に押し付けオナニーを初めてしまい、困っている方は多いようです。

足ピンオナニー

オナニーの時に、足を真っすぐ伸ばし力を入れてしまうことを足ピンオナニーといいます。

女性は快感を得る際に下腹部、とくに足に力が入ることが必要です。そのため、足に力の入りやすい足ピンオナニーは、簡単に絶頂を迎えることができ、癖になりやすいと言われています。

しかし、こちらもエッチ中にイクことができなくなってしまうので、注意が必要です。

【▼人気の記事】「この子とはもう無いな……」男性に思われてしまう理由とは?

エッチ中のNG行動エッチ中のNG行動とは?
エッチ中に絶対にやってはいけないNG言動を紹介します!

女子のオナニーに関する男性の本音

女子オナニーに対するイメージ

オナニーに対して、『寂しい人がすること』『嫌らしい』『汚い』など、マイナスなイメージを抱く人もいると思います。

でも、最近では女の子がオナニーをすることは、ボディケアや気持ちをリラックスさせるなど、『性欲を満たす』以上の効果があります。

その中で、男性は女性がオナニーをすることをどう思っているのでしょうか。

「女子のオナニー」は普通のことだと思っている

10代そこそこの、まだ精神的に成熟していない男子を除けば、ほとんどの男性が「女子のオナニーは普通」と思っています。

健全な男は「誰だってオナニーくらいしているし、それはなにも恥ずかしいことではないし、ましてや道徳に反することでもない」と思っているのです。

「彼女のオナニーは見たい」と思っている!?

「彼女のオナニーは見たい」と思っている!?

男性100人に「彼女のオナニーを見てみたいと思いますか?」とアンケートをとった結果、59%の男性が彼女のオナニーをみたいと回答しました。

「女性に目の前でオナニーをさせる」という羞恥プレイの一種ではありますが、以外と好きという人が多かったようですね。

普段やらないプレイなだけに、マンネリ解消になりそう!とう声が多くありました。

反対に、見たくないと回答した人は「見る方も恥ずかしい!」「オナニーはプライベートな空間だから…」と、自分を重ねて羞恥心を語る人が多い印象でした。

同じ男性でも「彼女のオナニーを見たい!」と思う人もいれば「絶対見たくない!」と思う人もいます。

自分からオナニーを見せるのは、彼から引かれてしまう可能性もあるので注意したほうがよさそうですね。

【▼参考記事】男性100人がガチ回答!彼女の「オナニー」見たい?見たくない?

女性のオナニー彼女のオナニーを見てみたいですか?
100人の男性を対象に「彼女のオナニーを見てみたいですか?」という禁断のアンケートを実施。

オナニー事情を聞かれた時の対処法!

男女が集まってお酒を飲んでいたりすると、話がエッチな方向に向かうことも……そんなときの対処方法を伝授します!

集まりの中に好きな人がいる場合

「ひみつ♡」と言って対処しましょう。

片思い中の下ネタはNG!しかも、みんなの前で、真剣にオナニー事情に回答してしまってはいけません!

「ひみつ」と回答するだけで、少しエロくミステリアスな部分ができるので、片思いの彼が興味を持ってくれるかも……?

好きな人と2人っきりの場合

「やり方がわからないの」と言って対処しましょう。

ただ「やったことがない」と伝えるとりも「やり方が分からない」のほうが、男性の興味を引くことができちゃいます♡

興味のない人に聞かれた場合

「する必要ない」と言って対処しましょう。

この言葉には「相手がいるから大丈夫です」「私は満たされてます」といった意味が込められています。

ようするに「私は寂しい女じゃないです」という、興味相手に言う予防線の言葉です。

【▼人気の記事】「浮気をしたい」と思うのは、男性だけだと思っていた……

女性の浮気浮気や不倫をする女性の心理
恋愛カウンセラーに聞いた「浮気がやめられない女性の理由」について解説します!

女子のオナニー事情まとめ

実は、オナニーはセックスでイけるようになるためにも、とても重要だったりします。

また、最近では女性用のTENGA(女性用の大人のおもちゃ)が発売するほど、女性の性に寛容になってきました。

あまり女性だからと言って、オナニーを恥ずかしがる必要は無いのかもしれませんね。

(愛カツ編集部)