恋愛には嫉妬がつきもの。

まったく嫉妬しない彼氏なんて、いないはず。

でも、嫉妬しすぎなのも困ります。

気になる彼は、どのくらい嫉妬深いでしょうか?

運命と運勢を読み取る生まれ年の干支で、「嫉妬深い男性」をランキング形式で占います。

12位から1位の順での発表です。

男性の干支で占う!「嫉妬深い男性」ランキング

12位 申(さる)年生まれ

……嫉妬しないようにしている

申(さる)年生まれの男性は、十二支イチ上手にモテる男。

「嫉妬は恋愛の駆け引きに使うもの、本気の嫉妬は疲れるだけ」と思っていて、嫉妬している風に見せ、相手をいい気持ちにさせることが多いでしょう。

嫉妬をしないことで、自分のメンタルを守ってもいるのです。

11位 午(うま)年生まれ

……かわいいヤキモチレベル

午(うま)年生まれの男性は、子どものように素直!

自分以外の男性を褒めるのを聞いたら、「なんで俺じゃなくてそいつを褒めるの!」と思います。

でも単純なので、そんなに本気じゃないとわかれば、まあいいやとなるのです。

かわいいヤキモチレベルでしょう。

10位 亥(いのしし)年生まれ

……嫉妬してあっという間にキレる

亥(いのしし)年生まれの男性は、衝動を抑えるのが苦手です。

好きな女性が他の男性といるところを見たら、あっという間にキレて、その場で「なにやってる?」と近寄るでしょう。

でも、早とちりのことの方が多いので、嫉妬する案件じゃないとわかれば、すっと落ち着きます。

9位 辰(たつ)年生まれ

……嫉妬はほとんどしない

辰(たつ)年生まれの男性は、細かいことは気にしない大物タイプ。

嫉妬はほとんどしませんが、本命女性に関してはかなり嫉妬するでしょう。

モヤモヤ悩み考えているのではなく、バシッと問いただすなど、一気に行動に出る傾向があります。

8位 寅(とら)年生まれ

……盛り上がって嫉妬する

ドラマティックな恋愛をしたがる寅(とら)年生まれの男性。

好きな女性の近くに他の男性がくっついているのに気づくと「悪い虫は排除!」と、盛り上がります。

嫉妬していることを女性に訴え、すねたり甘えたり。

でも、そのテンションは続きません。

7位 卯(うさぎ)年生まれ

……すぐに嫉妬する

卯(うさぎ)年生まれの男性は、ちょっとしたことですぐに嫉妬します。

それが誤解であったとしても、自分がイラっとしたら、とりあえず責めるでしょう。

後には引かないので、嫉妬深いとまでは言えなそう。

でも、すぐ次の何かに嫉妬しがちです。

6位 子(ねずみ)年生まれ

……いちいち嫉妬

細かい性格の、子(ねずみ)年生まれの男性。

「あの人のカバン、ブランドだ」「一般人の俺は芸能人よりカッコ悪いに決まってる」など、言わなくていいことをつぶやきます。

ちっちゃなことにいちいち嫉妬して、女性をうんざりさせるタイプなのです。

5位 未(ひつじ)年生まれ

……うじうじと嫉妬

未(ひつじ)年生まれの男性は、小心者。

さらに、ネガティブ傾向があります。

悪い方に考え始めると止まらず、うじうじと嫉妬をし続けます。

気が優しいので、嫉妬の原因を自分と考えがち。

外に発散することができずに、無駄に自分を責めてしまうことも。

4位 丑(うし)年生まれ

……かなり嫉妬深い

丑(うし)年生まれの男性は、好き嫌いが激しく、かなり嫉妬深くもあります。

ガンコな性格なので、一度嫉妬したら忘れようとか許そうとなることはなく、長く引きずるでしょう。

嫉妬心を表に出すことはほとんどないので、まわりは気づかないかも。

3位 戌(いぬ)年生まれ

戌(いぬ)年生まれ

……普通に嫉妬深い

戌(いぬ)年生まれの男性は、普通に嫉妬深いでしょう。

男性が多い飲み会に行くのにはいい顔をしませんし、仕事だとしても男女ふたりで出張に行くなんて言語道断!

世間体を気にしている面も多分ありますが、嫉妬深い方だといえるでしょう。

2位 酉(とり)年生まれ

……プライド高く嫉妬深い

人と比べられるなんてプライドが許さない、酉(とり)年生まれの男性。

許せないのは、嫉妬深いからです。

そもそも比べられたことに腹が立ちますし、相手の方が上ならもう大変。

うらやましいとは絶対に言わずに、とっても機嫌が悪くなるでしょう。

1位 巳(へび)年生まれ

……嫉妬心は拡大を続ける

ゆっくりと心を開き、人間関係を慎重に築く巳(へび)年生まれの男性。

心を許した相手に嫉妬の原因になるようなことがあると、「裏切られた!」とものすごく嫉妬をするでしょう。

嫉妬心は拡大を続け、妄想の域にまで膨らんでしまうかもしれません。

さいごに

嫉妬は関心や愛情あってこそですから、全然嫉妬されないのも悲しいですよね。

でも、嫉妬がいきすぎると、お互い辛い……。

しっかり相手の気持ちを考えて、辛くない恋愛をしてみてください。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)