あなたが彼と「結婚したい」と考えているなら、彼も同じようにあなたのことを「一生一緒にいたい」と思っていてほしいですよね。

そこで今回は、彼女に対して男性がどんなときに「ずっと一緒にいたい!」と実感したのか、きっかけや言動を調査しました。

一生一緒にいたい存在になることができれば、大好きな彼との結婚だって、そう遠い未来の話ではないはずです。

男性が彼女に対して「一生一緒にいたい!」と感じる瞬間

男の決断を応援してくれた

「長年の夢を叶えるために仕事を辞めたとき、将来の不安もあるし彼女にフラれても仕方ないと思っていました。でも『私のことは気にせず、やりたいことを頑張って』と背中を押してくれた。一生大切にしようと思いました」(30歳・自営業)

彼女目線から見ると、男の決断はときに素直に応援できないことも……。

そんなとき、彼の気持ちを理解し、1番の味方でいることができれば、男性は大きな心強さを感じるようです。

あなたは、いつでもどんなときでも彼を応援し、1番の味方でいれていますか?

どんなことも乗り越えられる確信

「正直、自分の職業や経済力で一緒にいてくれると思っていたけれど、『あなたとなら貧乏になっても楽しくいられそう』と言われたときに、この子とずっとやっていけると確信が持てました」(28歳・外資系)

一緒ならどんなことも乗り越えられるという確信も、一生一緒にいたいという気持ちにつながるようです。

とくに男性は、結婚となると少なからず責任を感じるもの。

だからこそ、「一生幸せにして」というプレッシャーではなく、「一緒に幸せになろう」という彼女の姿勢に、心が軽くなり、そして、支えとなるのでしょう。

結婚相手ともなれば、経済力や職業も重要項目。

しかし、それ以上に重要なのは、「仮に生活が苦しい状況がきても、笑って一緒に乗り越えられそう」と思える相手を選ぶこと。

お互いがこの意識を持っていれば、きっと幸せな結婚生活が送れるはずです。

家族と仲良くしていける想像ができた

「家族に紹介したときに、今後もうまく付き合っていけそうな気がした。反対に、彼女の家族に会ったときも居心地の良さを感じたし、一生一緒にいる相手なんだろうなと思った」(27歳・サービス業)

お互いの家族とうまくやっていける!というイメージも、生涯のパートナーだと確信するきっかけになるようです。

どんなにお互いが愛し合っていても、家族とうまくやっていけそうにないと感じ、結婚の自信をなくしてしまう男性も……。

結婚を意識しているのであれば、彼の家族に会うときのマナーや礼儀にも気を付けて!ここを見ている男性は思いのほか多いのですから。

生涯のパートナーになるためには

「お互いに支え合っていける」という自信は、男性の「一生一緒にいたい」という気持ちにつながるもの。

お付き合いしている方は、支えられるだけではなく、支えることも意識してみてください。

まずは今日できることをコツコツと重ね、かといって彼のために自分を犠牲にしすぎないこともお忘れなく!

ふたりが同じように笑っていられる関係でいてこそ、「一生一緒にいたい!」と思われることに意味があるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)