いつも彼氏に大切にされている女性って、どんな恋愛でも、どんな相手でも、良い付き合いができるものです。

良い恋愛をするのも、悪い恋愛ばかり続いてしまうのも、自分自身がどうあるかによるところも大きいのかもしれません。

そこで今回は、大切にされる女性とされない女性の差を5つあげて、チェックしてみたいと思います。

あなたはいくつ当てはまりますか?

男性から大切にされる女性とされない女性の違いとは?

些細な気配りができる

些細なことに気が付ける人、そして周りに対して自然な気配りが出来る人は、一緒に居て心地よいですし、彼女としても素晴らしいものなのでしょう。

どうしたら相手は喜ぶか、気持ちが良く過ごせるか、くつろげるか……。

相手のことを考えて行動できる人は、一緒に過ごす時間も楽しくて癒されるし、男性も「大事にしたいな」と感じることでしょう。

素直で意地を張らない

いつも負けじと頑張っている人も素敵ですが、その時の感情を素直に出せる人や、自分が間違えた時にはちゃんと謝れる人。

そして、愛情表現も素直で豊かな人だと、「かわいいな~」と愛されることでしょう。

素直さって相手の心も解き放つチカラがあるので、大切ですね。

信頼できるかどうか

仕事や友人関係などの人間関係と同じで、恋愛も信頼関係の間に成り立っている部分が大きいもの。

一度相手のことを信用できなくなったり、疑ってしまうようになったら、信用信頼を取り戻すのは至難の業。

一度浮気をすると、その後もずっと気になって、友達と会っていても疑ってしまったりしますよね。何もなくても心配してしまったり……。

信頼関係がちゃんと築けている仲だったら、もしも何かあったとき、全力で味方になってくれることでしょう。

工夫できる人

一緒いるとき、いつも新鮮な気持ちにさせてくれたり、新たな発見あったりすると、日々がより楽しくなるもの。

ちゃんと考えて、いつも何か面白いことを考えている人って、一緒にいるとワクワクしますし、人生がどんどんカラフルになってくると思います。

何歳になっても好奇心を忘れずに、日々を工夫できるのは、相手の人生にもきっとプラスなことが訪れるはずです。

大切にされたいし、大切にしたい

上記であげたポイントは、そのまま自分自身に返ってくることだと思います。

男性から大切にされたいなと思っている人は、まずはシンプルに、相手を大切に想うことからはじめてみることはいかがでしょうか?

きっとその気持ちに嘘が無ければ彼にも伝わるはずです。

(愛カツ編集部)