好きな人を前にすると、ついはしゃいでしまったり、変に意識してしまって、行動が挙動不審になったりしませんか?

恋をしている人の言動は女性に限らず、男性も同じように、異なることがあるのです。

そのため、気になる人の気持ちを知りたいときは、相手の言動を気にしてみるとわかるかもしれませんよ。

今回は、男性がゾッコン相手につい言ってしまうことを集めてみました。

無我夢中!男性がゾッコン相手につい言ってしまうこと3つ

(1)「〇〇、癖なんだね?」

好きな人のことは、つい見てしまったり、注意深く観察したりすることが多いものです。

それこそ、好きな人が髪の毛を切ったらすぐに気づくとか。

今日はなんだか体調が優れなさそうだとか。

ちょっとした変化でも、ほかの人が気づかないことも、気づくことが多いですよね。

好きな人がいる男性も同じだと思います。

好きな人の癖や習慣を把握するのは、それだけ見ているからでしょう。

たとえば、「〇〇するの癖だよね」「甘いもの好きなんだ?」とか、彼からそんな指摘があったら興味関心が高い証拠ですよ。

(2)「これ、好きなんだよね」

好きな人には、自分のことをわかってほしいと思うところがありますよね。

たとえば、いまハマっているもの、好きで続けている趣味など。

はたまた、仕事の辛さや悩み、将来の不安など。

限りなく自分の本音に近いことを、共有したくなるのは、「好きだから」ではないでしょうか。

お互いがハマっている趣味や好みなどを共有し、距離を図ろうとするのは、まさに恋愛感情からくるアクション。

恋をしている男性に表れる言動でしょう。

好きな人が自分の好きなものをアピールしてくることが多いなら、あなたに好意を寄せている可能性は高いですよ。

(3)「今度、一緒に行こう!」

恋に落ちると、「好きな人を独占したい」という気持ちが少なからず芽生えるもの。

好きな人がほかの異性と仲良くしていれば、嫉妬しますし、不安になったりしますよね。

「ほかの人に取られたくない」という気持ちから、「今度一緒に行ってみようか?」「週末飲みに行こう!」と、誘いをする男性もいるのではないでしょうか。

好きな人を誘いたくなるのは、それだけ恋愛感情が高まっている証拠です。

好きな人にどれだけアタックし、アプローチするひと言があるかは、それとなく気にしたいポイントになりますよ。

彼の好意は発言に隠れている!

恋をすると、好きな人のちょっとしたひと言が、つい気になってしまいますよね。

気になる彼の好意を見抜きたいときは、彼の発言に注意してみると、好意の有無が見えてくるかもしれませんよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)