付き合っているぶんには最高の彼氏だけど、結婚するとなると躊躇してしまうこともあるかと思います。

一緒にいて楽しいけれど、結婚には向いていない男性というのも中にはいます。

そんな男性と結婚をしてしまったら、そのあと苦労するだけ……。

今回は、結婚に向かない男性の特徴について探ってみました。

どんなに相性がよくてもアウト!結婚しない方がいい男性の特徴

話を適当に聞く

「結婚後は、マンション購入や育児など、人生の大きな決断をする場面も少なくありません。
うちの夫はいつでも真剣に話を聞いてくれるので、結婚して正解だったと思っています」(38歳/専業主婦)

話を聞いているフリをしながら、スマホをいじっていたり、何度も話した内容なのに覚えていてくれなかったり……。

付き合っているときからこんな状態が見受けられるなら、結婚は考えた方がよいかも。

結婚してから孤独を感じたり、頼りなさにゲンナリしてしまうかもしれませんよ。

無言だと落ち着かない

「結婚するなら無言でもお互いに楽な相手でないと続かない。
夫とは出会ったときからそういう感じで、上手くいっている夫婦に聞いても大抵そう言います。
トキメキだけでは結婚に向いてないと思う」(36歳/IT)

恋愛って、相手と一緒にいるだけで心臓がバクバクしたりしますよね。それはそれで楽しいですが、結婚相手かどうかは別の話。

これから先の長い人生、ずっとドキドキする相手では疲れてしまいます。

それよりも空気のような自然な存在の相手のほうが、一緒にいて楽です。

依存、束縛が強い

依存、束縛が強い

「甘えん坊でちょっと束縛してくるくらいの男性が好きでしたが、結婚したのは全く別のタイプ。依存されたり束縛されたりが一生続くと思ったらぞっとします。適度な距離を保てないと結婚生活は辛いですよ」(36歳/自営)

LINEにすぐ返事を返さないと拗ねたり怒ったり。遊びに行くと伝えたら「誰とどこに行くのか」と細かく聞いてきたり。

愛しているゆえの束縛だとわかっているからこそ、恋愛の相手としては許してしまいがち。

ですが、結婚してからこんな状態が続くと、自由がなくなります。結果追い詰められてしまうかもしれません。

おわりに

好きな食べ物が一緒だったり、趣味が一緒だったりすると相性がよいと感じますよね。

もちろん相性のよさや、共通点の多さは魅力なのですが、それだけで結婚すると後悔してしまうかも。

結婚してからの2人を想像できる相手かどうか、見極めてみてくださいね。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)