告白って、男性にとっても勇気がいること。

両思いかも?と思っても、きっかけがないと告白できない……そんな男性も多いんです。

では、男性はどんなことがきっかけで「よし!告白しよう」と思うのでしょうか。彼らの気持ちを後押しするのはどんなときか、見ていきましょう。

男性が「告白しよう!」と決心するのはどんなとき?

他の男性が現れたとき

「自分が狙ってる子を、ほかの男も狙っているとわかると焦りますね。
それまでにその子とデートできてたり、ある程度仲良くなれていれば、告白しちゃうかも」(25歳・男性)

自分の気になる女子に好意をもつライバルが現れると、男性の心は乱れます。

「先に告白されたら……」「彼女が彼を好きになってしまったら……」と、男性は焦るでしょう。

それまでつかず離れずであいまいにしていたとしても「今しかチャンスはない!」と思って、勇気を出して告白に踏み切ります。

男性にとって、「何もできないまま終わる」のはできれば避けたい出来事。後悔しないように、できるかぎり行動しようとします。

「両思いかも?」と自信が持てたとき

「相手も自分のことを好きなのでは?と思ったら告白します。はっきりさせたいし、そこで頑張るのは男の仕事でしょ」(26歳・男性)

「もしかして両想いかもしれない!」そんな自信があれば、告白へのハードルが下がります。

「よく目が合う」「誘っても断られない」など、脈ありサインを読み取れると、勇気がわくようです。

告白して早く恋人になりたいと、男性は考えるようになるでしょう。

両想いかな?と思っても、「告白は自分が」と考える男性も多く、女子の出方を待たず、告白するようです。

3回目のデートの帰りのとき

「告白するなら、3回目のデートの帰りかなあ。そこまで行けばだいたいどんな子かもわかるし、気持ちも固まってくるので……。
それ以上引っ張ると、今度は脈ナシだと思われそうだしね」(24歳・男性)

3度目のデートを終えたときは、2人の関係性を深める絶好のタイミング。

しかも2人の雰囲気も良好となると、女子も告白を待ってしまいますよね。

男性としても、脈なしと誤解されてそれまでの努力を台無しにするのは避けたいので、3回目のデートには決意をもってきているようです。

告白のためのロケーションを確認していることも多いから、いい雰囲気の公園や、2軒目のバーを押さえておくことも。

環境の変化があったとき

「同僚の女子が好きで、それまでは会社で会えていたのに、リモート勤務になったら全然会えず……。
何度か短時間のランチデートに誘って、告白しちゃいました」(30歳・男性)

このケースのようにリモート勤務になったり、部署の異動など、好きな女子となかなか会えない事態になったことがキッカケで告白を決意することがあるようです。

もしフラれたとしても、気まずくならないことも告白に対して前向きにさせる要因です。

「好きだな」だけでは弱い

男性は焦ったり、チャンスは今しかない!という状況になって告白を意識するようです。

わざと焦らせたり、ほかの男性の影を見せたりするのはおススメしませんが、彼が何か言いたそうにしていたら、じっと顔を見て待ってみるだけでも違うかも。

「今なら大丈夫!」と確信させてあげたいものですね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)